キッチンリフォームはこれだけの費用が掛かる!注意してください!

キッチンリフォームはこれだけの費用が掛かる!注意してください!

一言にキッチンリフォームとはシステムキッチンの交換をするというイメージを持って行うと、後で思わぬ嫌な思いをしてしまいます。
そうならないためにも、キッチンリフォームをした場合に、どのような工事が必要でどのくらいの費用が掛かるのかを把握しておきましょう。
今回は、システムキッチンを行うときに必要な工事や費用、そして一般的な費用相場について詳しく紹介します。

キッチンのリフォームにかかる費用と相場

キッチンのリフォームにかかる費用と相場

キッチンのリフォームの費用はどの程度なんだろう?誰もが気になる質問ですが、それに対する答えとしては、安く抑えるならば50万くらいから、少し良いものにする場合は150万くらいというのが相場でしょう。
なぜそんなに差があるのでしょうか?その辺をこれから見ていきましょう。

◇キッチンの種類によるリフォーム費用の違い

まずはキッチンの種類やグレードによってリフォームの費用は大きく差が出るということを知っておく必要があります。
キッチンの種類には、I型、L型、対面型の2つに分類されます。
そして、それぞれのグレードによっても費用が異大きくなるので、どの種類でどれくらいのグレードだといくらくらいか、について説明していきます。

◇I型システムキッチン

最も一般的な型のキッチンのため、種類や価格帯も選択の幅が広いのが一番の特徴です。
キッチン自体をあまり大きくはできないような小さな間取りでは対応しやすいレイアウトです。
書かうとしては50万円から120万円と一番安い価格帯で交換できます。

◇L型システムキッチン

導線が短くできていて動かずに利用できる効率的なレイアウトで、I型キッチンの次多いタイプの型になります。
コーナーの部分は空間を上手に利用しないとデッドスペースができる恐れがあるデメリットもあります。
価格としては65万円~130万円とミドル価格帯です

◇対面型システムキッチン

最近一番人気の型になります。
最大の特徴は対面式なので壁側を向いていないので家族とのコミュニケーションがとりやすい点になります。
配管の状況によっては工事費が高くつくこともあります。
価格としては70万円から1160万円というのがそうばです。

キッチンリフォームの見積もりで分かる費用

キッチンリフォームの見積もりで分かる費用

まずは実際のキッチンリフォームの実際の見積もりを見てみましょう。
見積もりを見ることで何にどれくらいかかるのかがはっきりとわかります。

◇仮設工事

システムキッチンを導入するときに傷がつかないように保護するための養生費やリフォーム後のクリーニング費が含まれます。
リフォームを行うために必要不可欠な準備を行うための費用です。

◇解体工事

既存のキッチンを取り外しと廃棄するための費用です。
古いキッチンを廃棄するための費用は別途の場合もありますし工事人一緒の場合もあります。

◇木/内装/電気/衛生設備工事関連

見積の書き方は各社いろいろですが、キッチンのリフォームに伴う設置工事などの各種工事の費用です。
リフォーム箇所毎の項目に分けて詳細見積もりを記載する会社もあります。

◇住宅設備機器

リフォームで設置するキッチン設備費用です。
見積もりの中にしっかりとキッチンの商品名や型番があるかどうかを確認しましょう。
中にはキッチン一式といったような書き方をしている会社もありますが、それではどのキッチンを利用するかわからないので、見積の意味を成さないのでどのようなキッチンなんかをはっきりと確認するようにしましょう。

◇諸経費

諸経費には今回のリフォームでの会社の利益や現場管理費用や現場以外で発生する費用などが含まれているのが一般的な費用です。
これらを一つ一つ細かく計算することが難しいので、業者によってはリフォーム金額の〇〇%のように決めて算出しているところが多いです。
この諸経費の金額が少ないほうがお得かというと必ずしもそうとは限りません。
会社によっては他の項目に少しずつ利益を載せて計算して、その分諸経費の割合を少なくして見た目上諸費用を安くしているところもあります。
わかりにくい費用ではありますが、無くしてしまっていい費用というわけではないので、その辺りは注意しなければいけません。
リフォーム会社によって記載の仕方は違いますが、概ね上記のような内容が見積もりには記載されるはずです。
まずはこれらの分類に沿って見積もりを比較すると良いでしょう。

キッチンリフォーム時の注意点

キッチンリフォーム時の注意点

キッチンリフォームと言ってもシステムキッチンの交換という単純な作業ではありません。
交換以外にもいろいろな工事が必要になるケースがほとんどです。
その辺をしっかりと注意してみておきましょう。

◇リフォームを始めてわかる補修の有無

リフォームとは新築と違い、始めてみなければ分からない部分があります。
それが補修工事の有無です。
キッチン等の水回りの場合、古いキッチンを取り外してみたら床板が傷んでいて補修が必要だということはよく起こることです。
プロが作った見積もりだから大丈夫だと思っても、これは十分に起こり得ることです。
業者との打ち合わせ時には追加工事の可能性があるものは何かなどを事前にしっかりと確認しておくと、トラブルになることが少なくなるでしょう。

◇ショールームで実物を見て、見積もり以外のキッチンが欲しくなる

リフォーム会社と一緒にメーカーのショールームで実際のキッチンを見に行くことがあります。
その際に実物を見てしまうと、契約したものよりもグレードの高いものが欲しくなるケースもあります。
あらかじめ見積もりをお願いする際のグレードとして、松竹梅のどのグレードで見積もってもらうかをしっかりとお願いしておくとよいでしょう。

◇追加による費用の増加

リフォームが進むとイメージが膨らみ、つい追加のオプションをお願いしてしまったり、キッチン周辺のちょっとしたリフォームを追加で行うこともあります。
サービスの許容範囲内でやってもらえることもありますが、追加費用がかかる場合もあります。
例えばちょっと頼んで棚を作ってもらった場合に、その場では何も言われなくてもあとから来た請求書を見てお金が掛かっていたということを知るような場合もあります。
こちらもあらかじめ、追加で費用が発生する場合は言って欲しい。
出来れば見積もりがほしいと伝えておけば請求時の金銭トラブルを回避できます。

◇リフォーム会社ではできない内容については別途費用がかかる

キッチンリフォームの場合でほとんどのケースで行わなければいけないのは、ガス工事や排水管交換、電気周りなどで。
これらの工事はリフォーム会社では出来ないことがあるので、追加で費用が発生する可能性があります。
その場合の予算は5万~20万程度ですが、こちらも見積もりをもらった際にどの程度掛かりそうなのかを確認しておきましょう。

◇現状のキッチンの状態によって追加費用がかかる可能性がある

現状のキッチンを解体するのに手間がどの程度掛かるのかによっても費用が変わってきます。
例えば、現状はI型キッチンなど壁型を対面型に変更するといった場合、キッチン自体の場所が変わってしまいます。
その場合、壁の補修や、場合によっては給排水管の場所も変わることで別途排水管工事が発生してしまう恐れがあります。
そのため、現状のキッチンのリフォームをする際はキッチンの場所にも注意して、追加でどれくらいの費用がかかるのか業者に確認しておきましょう。

◇リフォーム会社との打ち合わせ不足や認識違い

実際にリフォームが始まると、形が具体化してくるので、思っていたイメージと違うことがあります。
例えば新しいキッチンを入れて、床板部分の隙間を埋める場合に、元の床板と新しい床板で明らかに色が違っている場合です。
明らかに見た目もおかしいので全部変えて欲しいのですが、変えるとなると追加で費用が掛かってしまいます。
施主とすると予め伝えて欲しかったわけですが、リフォーム会社としては必要最低限の見積もりをと言われたからとこの件は見積もりには入れてなかったという話が食い違うということもよくあることです。
見積もりに何が含まれているかを確認する際にはお互いに指差し確認というものをしながらでも見積の対象範囲を確認しあうことが大切です。

きっちりフォーム業者の選び方

きっちりフォーム業者の選び方

リフォームの金額の妥当性というのは、専門家でない限りわからないと言って過言ではありません。
まずは妥当な見積もりをもらうために次の点を心掛けてください。

◇実績が豊富な会社を選ぶ

キッチンリフォームをするのであれば、実績の豊富な会社を選ぶのがよいでしょう。
実績の少ないリフォーム会社では仕入れ値が割高になったり、職人を手配しなければならなかったりと、どうしても余分な費用が発生して割高になってしまいがちです。
同じように見えるリフォーム会社の中でも、色々な種類の会社があるので、まずは自分に合った優良な会社選びがリフォーム成功への第一歩です。

◇2社~3社に声を掛けて相見積もりを取る

次に必ず複数社から見積もりを取ることです。
相見積もりを取るということは、それぞれのリフォーム会社にしっかりと伝えてから見積もりを出してもらうことで最低金額を提示してくれます。
そうすることで、しっかりとした見積もりをもらえる可能性はぐーんと高まります。
また見積もりをお願いする際に、リフォームしてもらう範囲をはっきりとさせて、どこまでをリフォームするのかしっかりと伝えましょう。
リフォームの対象範囲が異なると、出てきた見積もりの比較検討が難しくなります。
その上で確認すべきことは、総額の違いはもちろんのことですが、内容の違いも確認しましょう。
その上で、リフォーム会社になぜその見積を作ったのかを詳しく聞いてみると、その会社のリフォームに対する考え方や価値観が必然的にわかるかもしれません。
細かい明細の一つ一つを比べてもあまり意味がないので、総額と内容と提案の意図をしっかりと確認するのが良いでしょう。

キッチンリフォームはこれだけの費用が掛かる!注意してください!まとめ

キッチンリフォームはこれだけの費用が掛かる!注意してください!まとめ

ここまで、システムキッチンリフォームを行うときに必要な工事やかかる費用について詳しく紹介してきました。
また、依頼する業者選びをするときに注意しなければいけない点などについても詳しく説明してきました。
今まさにキッチンリフォームをしようと考えている人は、ぜひこちらの情報をよく読んで、業者に騙されたという事がないように慎重にキッチンリフォームを行ってください。

【2022年10月06日 07時43分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【10月06日 07時43分現在】
ただ今、お電話すぐに対応いたします。

内装工事コラムカテゴリの最新記事