キッチンリフォームはシステムキッチンが命!おすすめのシステムキッチンは?

キッチンリフォームはシステムキッチンが命!おすすめのシステムキッチンは?

キッチンリフォームをするときに最初に決めなければいけなくて、設置後の使いやすさを大きく左右するのがシステムキッチンです。
そんあシステムキッチンは各メーカーからいろいろなシリーズが販売されていて、予算や機能に合わせたキッチンがたくさん選べるようになっています。
もし、今からシステムキッチンリフォームを行いたいという人がいれば、ぜひこちらの情報を参考にしてください。
各メーカーのシステムキッチンの機能や特徴について詳しく紹介します。

システムキッチンについて

システムキッチンについて

システムキッチンについて -1.jpg

システムキッチンのメーカーは2~4個のブランドを価格帯ごとに持っています。
ブランドによる品質の違いは、各メーカーによって違うので、気になるシステムキッチンのメーカーが決まったらブランドの比較もしっかりしましょう。

◇システムキッチンのメーカーやブランドの選びかた

自分の理想とするシステムキッチンプランが組めるブランドを選ぶことはもちろんですが、もう1つ大切なポイントとして値引き率があります。
工事を依頼するリフォーム会社によって、安く提供できるシステムキッチンのメーカーやブランドは異なります。
たとえば、P社の最上級ブランドのL-クラスだと20%程度しか値引きがありませんが、中級ブランドのラクシーナなら40%の値引きができるとか、メーカーを変えてリクシルのアレスタにすればさらに50%の値引きができるというようなことがあります。
この値引き率は各リフォーム会社とメーカーとの間での取引価格によって大きく左右されるので、リフォーム会社Aではリクシルのシステムキッチンが安く入り、リフォーム会社BではP社のシステムキッチンが安く手に入るというように、リフォーム会社によって値引き率の高いおすすめキッチンメーカーは異なります。
理想のキッチンプランが作れて、かつ、依頼するリフォーム会社でお得に仕入れられるシステムキッチンブランドを選ぶことで、よいキッチンがより安くなります。

◇システムキッチンとは

改めてシステムキッチンってなんなのかということについて説明します。
システムキッチンとは、カウンターが1枚でつながっている一体型キッチンのことです。
今や、キッチンといえばシステムキッチンというのが普一般的ですが、セパレートキッチン(セット型キッチン、セクショナルキッチン)といわれるキッチンもあります。
セパレートキッチンはシンクキャビネット、作業台、コンロ台が全て分かれていて、カウンターにつなぎ目があるキッチンです。
セパレートキッチンの場合、コンロ台に置型のコンロを置いて使います。
このセパレートキッチンとの差別化として、システムキッチンという呼び方になっています。
システムキッチンはセパレートキッチンと違い、カウンターが1枚でつながっているので、掃除がしやすいというのが特徴です。
基本的には15センチ刻みでキャビネットの品揃えがあるので、それらを組み合わせて部屋に合わせた間口のキッチンセットを組合わせていきます。

システムキッチンのメーカー毎の違い

システムキッチンのメーカー毎の違い

システムキッチンはメーカーによって何が違うのでしょうか?キッチンメーカーによって違うものと言えば、特徴のあるものはキッチンの扉の面材、カウンターの素材や色、そしてシンクの形、収納、キャビネットの素材や形、カスタマイズができるかどうかなどがあります。
もちろん価格も大分異なります。
特に違いがあるのは、基本形ではないキッチンのレイアウトとバックセットのバリエーションの大里、収納などです。
収納のしやすさや収納量についてはキッチンメーカーがそれぞれ工夫しています。
キッチンのスペースや使い勝手、予算に合わせて選べます。

◇キッチンはメーカーによってどんな違いがあるの?

どのメーカーのキッチンでもキッチンのサイズやレイアウトはある程度決まっていて基本的なプランがあります。
I型、L型の基本的なサイズはどこのメーカーにも標準的なセットが用意されています。
その基本プランを比較することで、メーカーそれぞれのキッチンの違いを知ることができます。
一番標準的な間口255cmのI型キッチンで比べるとその特徴がすぐにわかります。
メーカーによってカウンターの種類やシンクの大きさ、収納の形、キャビネットの大きさなどが大分違うことがわかります。
それはなぜ起こるのかは、それぞれのメーカーのこだわりポイントが違うからです。
水栓金具やレンジフードや調理機器などについても、メーカーごとにオススメあります。
オプションがメーカーによっては用意されていて、基本のものだけではなくいろいろな種類の中から自分にあったものを選べる湯になっています。
メーカーによっては細いところまでカスタマイズできるものがありますし、逆に基本セットのみしかないこともあります。
選べる種類が多ければ多いほど、価格が高くなる傾向があります。

メーカーによって違うシステムキッチン

メーカーによって違うシステムキッチン

メーカーによってシステムキッチンは何が違うのでしょうか?キッチンメーカーによって違うものとして特徴のあるものはキッチンの扉の面材、カウンターの素材・色、シンクの形状、収納、キャビネットの素材や形、カスタマイズの有無などがあります。
もちろん価格も変わります。
特に違いがあるのは、基本形ではないキッチンのレイアウトとバックセットのバリエーションや収納などです。
収納のしやすさや収納量などはキッチンメーカーそれぞれで工夫しています。
キッチンのスペースや使い勝手、予算に合わせて選べます。

◇キッチンはメーカーによってどんな違いがあるの?

どのメーカーのキッチンでもキッチンのサイズやレイアウトは基本プランが用意されています。
I型、L型キッチンの基本的なサイズはどこのメーカーでも標準的なセットがあります。
その基本プランを比較することで、それぞれのキッチンの違いがわかります。
一番標準的な間口255cmのI型キッチンで比べてみましょう。
メーカーによってカウンターの種類やシンクの大きさ、収納の形、キャビネットの大きさなどが違うことが一目瞭然です。
それぞれのメーカーのこだわりポイントが違うからです。
水栓金具やレンジフードや調理機器などについても、メーカーごとにおすすめがあります。
メーカーの中にはオプションが用意されていて、基本のものだけでなくたくさんの種類の中から自分にあったものを選べるようになっています。
キッチンメーカーによってはオプションの内容や使える部材が限られてケースもあります。
メーカーによっては細いところまでカスタマイズできるものがあるし、逆に基本セットのみしかないシンプルな場合もあります。
選べる種類が多いほど、価格が高くなります。

◇機能性だけでなくデザイン性も高いP社

P社のキッチンは機能性がいいというだけではなくデザイン性も高いキッチンとなっています。
Lクラス、リフォムス、ラクシーナの3シリーズがあります。
料理をラクに楽しく、コンセプトにしていてコンロが横に3つ並んだトリプルワイドIH/ガスが特徴的で、オート水栓や収納キャビネットなど使い勝手の良い機能が充実しています。
スキマレスシンクはカウンターとシンクの継ぎ目のないので掃除が簡単です。
使いやすいコンセントや手元照明なども便利な機能です。
扉材だけでなくカウンターやシンクにもカラーバリエーションがありいろいろなコーディネートが楽しめます。
内装材ともにいろんなコーディネートできます。
価格のバリーションも多くて、自分の予算に合わせて選べるようになっています。
ラウンドアクセスプランというものができました。
キッチンを囲んでいろりのように作業や食事ができるキッチンになっているので、家族と食事を楽したいかたにおすすめのアイランド型のキッチンです。

◇洗練されたデザインと優れた使いやすさが特徴のリクシル

R社のキッチンは洗練されたデザインと優れた使いやすさが特徴です。
「よごれんフード」や「くるりん排水口」などといった最新便利機能揃えています。
収納部分にも使いやすい工夫がいたるところにされています。
シンク、コンロ、扉の色自由に選べる彩コーデでキッチンを自由にコーディネートできるので、インテリアにこだわる人にはおすすめです。
R社のキッチンにはリシェル、アレスタ、シエラのシリーズがあります。
バリエーションが豊富で予算やスペースに合わせて選べます。
キッチンウエルライフシリーズは、車椅子に合わせてキッチンの高さが自由に変えられるなど、ユニバーサルデザインにも対応しています。
R社はキッチンだけでなく、洗面所やトイレ、床材や内装材などと合わせて使うことができるようになっているので、工事店からしても使いやすいキッチンです。

◇デザイン、収納、最新機能が特徴のT社

T社のキッチンは使いやすさ、掃除のしやすさだけでなく、見た目の美しさにもこだわったシステムキッチンです。
すべり台シンクや水ほうき水栓など水まわりの作業がラクにできる上に、節水もできる機器や2柔構造の連動式うち引き出しというのが便利で節約できます。
新築とリフォームのどちらにも対応しています。
ザ・クラッソ、ミッテのシリーズがあります。
T社は水まわりのメーカーなので、水栓金具やシンクが機能的で使いやすいのは言うまでもありません。
デザインや収納にもこだわっていますので、キッチンワークが楽しくなります。

◇ステンレスキッチンならK社

ステンレスキッチンに力を入れており、こだわりのステンレスキッチンがSSシリーズです。
清掃性・収納力、デザインにこだわり、カウンター、シンクからキャビネットまでステンレスなのにお手ごろ価格を実現したクリンレディがあります。
どちらも収納も充実しています。
シンクはステンレスの使いやすさに静かさをプラスした美サイレントシンクが採用されていて、排水口まで一体なので掃除も簡単です。
木製キッチンにはラクエラ、コルティのシリーズがあります。

おすすめのシステムキッチン

おすすめのシステムキッチン

世の中にはシステムキッチンだけでも何百種類もの製品が販売されています。
どれを選べばよいのか分からない・どこが違うのかよく分からないというのが正直な気持ちではないでしょうか?そこで、数多くの製品を実際に見てきた住宅のプロの目線で、おしゃれで機能的なシステムキッチンを見てみました。
メーカー、製品ごとのこだわりの違いを少しでも感じていただけたらと思います。
それでは、売れ筋の定番キッチンから個性派キッチンや超高級キッチンまで、良いところも微妙なところも含めてしっかりと紹介していきます

◇クリンレディ

オールステンレスのキャビネットは、シンクやワークトップだけでなく、内部の構造体もオールステンレスのステンレスエコキャビネットというものを採用しています。
見えない部分のカビやにおいを防いでくれて、毎日使うキッチンを清潔に保ちます。
流レールシンクは、シンクのゴミ、どうやって流していますか?クリナップの流レールシンクでは、ゴミが排水口に流れやすい新構造となっていて排水口の位置も片側に寄せられているので、反対側には一時的に物を置いても濡れにくい仕組みになっています。

◇ラクシーナ

広々使えるフラットワイドコンロは、なんといってもトリプルワイドIH/ガスというのが売りです。
3つの鍋が横並びになることで効率的に調理ができ、コンロ手前のスペースが広いので、ここにお皿を置いて盛り付けもできます。
エコナビ搭載換気扇は、換気扇にエコナビが搭載されており、調理センサーでコンロ上の調理物の温度を自動検知して、調理に合わせて自動で換気風量を調整してくれるので、ニオイが広がりにくく、手動操作よりも省エネ運転にもなっています。
洗剤ラックや調理ネットが動かせるので、用途に合わせてシンクにゆとりのあるスペースが作れます。
また、洗剤ラックのサイズが大きめなので、洗剤以外の物を一時的に置くこともできます

キッチンリフォームはシステムキッチンが命!おすすめのシステムキッチンは?まとめ

キッチンリフォームはシステムキッチンが命!おすすめのシステムキッチンは?まとめ

ここまでシステムキッチンはどれを選んだらいいのかについて、各メーカーの機能や都庁などについて詳しく紹介してきました。
それぞれのメーカー毎のシステムキッチンの特徴などは充分に理解できたのではないでしょうか。
まだ、キッチンリフォームをしないという人でも、今どのような最先端のシステムキッチンがあるのかが分かったのではないでしょうか。
次にキッチンリフォームをしようというときに、システムキッチンを選ぶ条件として役に立つのではないでしょうか。

【2022年10月06日 05時51分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【10月06日 05時51分現在】
ただ今、お電話すぐに対応いたします。

内装工事コラムカテゴリの最新記事