キッチンリフォームはいろいろな業者がある!どこを選んだらいいの?

キッチンリフォームはいろいろな業者がある!どこを選んだらいいの?

キッチンリフォームをするときは、業者へ必ず依頼しないと自分でするのは不可能です。
そこで、業者選びをしなければいけませんが、どこに依頼すればいいのか全く見当が付かないという人がほとんどではないでしょうか。
キッチンリフォームを行ってくれる業者はいろいろとあり、その業者選びの判断基準をしっかりと持っていれば、優良な御者へ依頼することができます。
今から、業者別の特徴や、メリット・デメリットなどを詳しく紹介します。

業務形態別の業者の選び方

業務形態別の業者の選び方

近くに知り合いの業者さんがいたり、紹介してもらえることは 数少ないことではないでしょうか。
そんな決まった所がない場合、キッチンをリフォームしたいと思った時、どこに頼めば安心か悩むところです。
自分で探す時では、色んな業者があるので紹介しておきます。

◇工務店・大工さん・建設会社

会社組織、自営業と規模は様々ですが 基本建築現場での知識は豊富です メリットとして、親身な対応・近所の方がスピード感もあり安心して頼みやすいなどがあります。
デメリットとして、メンテナンスする際に、会社が永続しているかどうかが心配です

◇ハウスメーカー・デベロッパー

新築需要が少なくなって 有名ハウスメーカーがリフォーム産業に参入してきています。
専門のリフォーム部隊を編成し、OBのお客やご紹介に営業をかけています。
メリットとして、会社組織が大きいのと、ネームバリューでの安心感は絶大という事があります。
デメリットとして、たまにですが、現場知識が少ない担当者がいる・価格はやや高めという事があります。

◇リフォーム専門店

よくリフォームのチラシなどが新聞折り込みなどで入っていませんか?リフォームを専門にしている業者です。
少なくとも住宅業界での実績者が多いので、経験豊富で色んな提案がもらえます。
メリットとして、女性コーディネーターを備えた会社も多く、自社で設計が充実・自社施工されている会社は、費用的にもより安心できることがあります。
デメリットとして、基本営業がメインなので、ノルマを課されているので、しつこいと感じてしまう人もいます。
特にしつこく訪問販売している会社は、注意してください。

◇ホームセンター・複合スーパーマーケット・家具ショップ

集客の多いホームセンター。
メーカー協賛でのショールーム的な展示も魅力です。
最近では、オリジナルキッチンなどもメーカーとのコラボで販売中のショップも多くなっています。
メリットとしては、色んなメーカーの比較相談が聞けます。
デメリットとしては、担当者不在が多いです。
他の売り場の店員さんに聞いてもわからないことが多々あります。

◇メーカーのショールーム

各キッチンメーカーでは、得意先である地域の工務店さんにメーカー専門推奨業者としての案内があります。
メーカー紹介からの依頼なので、工務店さんの一生懸命さは感じられます。
メリットとしては、安心感あります。
デメリットとしては、基本、紹介もらったメーカーの商品を採用しなくてはいけない・他メーカーに心移りするときに、心苦しい気持ちになります。

◇リフォーム紹介サイト

IT業界もリフォーム産業に殴り込みをかけてできたサービス。
ネット上で匿名で業者紹介と見積が簡単に入手できるサービスです。
メリットとして、仕事が早い。
スピード感があるなどがあります。
デメリットとして、基本、登録している複数の地域業者さん任せになります。
窓口の人は現場知識がほとんどなく、現地での対応力に頼っている感が強いです。
一定率の紹介料契約なので、一部不明な費用が掛かっていることにもなっている可能性あります。

リフォーム業者に地元の工務店を選ぶメリット

リフォーム業者に地元の工務店を選ぶメリット

地元・近隣の工務店とは、あなたのお住まいの地域で新聞折り込み・ポスティング・看板などの広告を出していたり、市区町村名で検索したときにヒットするような施工業者などです。
小規模だから心配することもなく、工事の質が低いわけではありません。
ただし、地元業者の良し悪しの見極めが重要になります。

◇メリット

大きなリフォーム会社では、トイレの交換だけ・床の張り替えだけといった小規模な工事を受けない会社もあります。
その点、地元の工務店の場合は、どんなに部分リフォームでも対応してくれます。
組織としても小規模な業者なので販管費・固定費も安くなるので、リフォーム費用も他の業者に同じ工事を頼んだ場合よりは格安に済むことが多いです。

◇デメリット

地元の工務店は組織が小さい場合がほとんどなため、フルリフォームなどの大規模な工事は苦手としているケースが多いです。
また、設計士がいない工務店も多く、間取り変更や基礎のリフォームなどの依頼先としては向いていません。
また、個人商店に近い企業が多いので、会社の質の良し悪しもばらつきがあります。
個人が工務店の質を見極めるのはほとんどできないでしょうなので、過去に工事を頼んだことがある業者がいたり、知人の紹介が受けられる場合などは積極的に利用しましょう。

◇地元の工務店はどんな人にオススメ?

小規模・部分的なリフォームをしたい・リフォーム費用の安さを重要視する・付き合いがあったり、知人の紹介を受けられる業者がすでにいるなどの時は地元の工務店は割安で工事をしてくれます。

キッチンリフォームの時に会社を選ぶ最適な3つの方法

キッチンリフォームの時に会社を選ぶ最適な3つの方法

すべて評判が良いリフォーム会社を選ぶために最適な方法です。
1つずつ詳細を説明するので、自分に合う方法をお試しください。

◇一括見積もりサイトを利用して比較する

簡単な方法としては、インターネットなどを使って、リフォーム会社を探しましょう。
電車や駅の広告などを見てすぐに探すこともできます。
リフォーム会社にもそれぞれ得意分野がありそれぞれで異なるので注意してください。
複数社に見積もりを取ると、それぞれ内容や費用がどう違うのかがわかります。
そのため、気になるリフォーム会社を3~5社ほど選んだら、相見積もりを取って検討してください。
相見積もりで複数の業者に工事にかかる費用を提示してもらい、比較検討して選ぶ必要があります。

◇近所でリフォームしたことがある方に紹介してもらう

近所でリフォームしたことがある方がいれば、紹介してもらうといいでしょう。
紹介者は、仲の良いお友達や親せきなど、親しい間柄のほうがおすすめです。
良いことだけではなく悪い評判も正直に教えてくれる方が紹介してくれるのであれば信頼できます。
インターネットなどの口コミの評判は、さくらの口コミもあり必ずしも正しいとは限りません。
リフォーム工事で重視しているポイントは、値段、デザイン、担当者の態度、グレードなど、人それぞれ好みが違います。
そのため、良いと感じるポイントと自分の評価にズレが生じることもあります。
近所でリフォームしたことがある方からの紹介であれば、自分が気になることに対する評価がわかります。

◇ホームセンターでリフォームの相談をする

初めてのリフォームで、依頼する業者の心当たりがないという方も当然いるでしょう。
心当たりがない場合は、近くのホームセンターから当たってみてください。
ホームセンターは費用が安いことが一番のメリットです。
リフォームの相談を受け付けているホームセンターはたくさんあります。
ただし、すべてのホームセンターは万能に工事ができるというわけではありません。
それぞれ得意分野と不得意分野があるので、店頭やホームページで具体的な施工実績をチェックしましょう。

リフォーム会社の選び方とポイント

リフォーム会社の選び方とポイント

リフォームの見積もり依頼や現地調査は、基本的に無料で行ってもらえるものです。
まずは実際に会って話してみて、どこの業者が最適か、じっくり比較検討していきましょう。
ここでは、どういったポイントをチェックすれば、依頼する会社を決定することができるのか説明します。

◇希望のリフォームと同様の工事の実績があるか

どんなに丁寧に接客してくれる業者であろうとも、必ずしも実力が伴うというわけではありません。
前述したように、小規模な補修ばかりを行ってきたスペシャリスト、大規模な全面リフォームを専業としてきたプロ、外壁や屋根の専門家など、会社によって対応できる内容はいろいろです。
工事を開始してから、壁の内側や下地の劣化を発見し、別途補修が必要になることもよくあります。
もしも経験のある業者であれば、追加工事が発生する可能性・費用についても事前に説明してくれることでしょう。
バリアフリーリフォームを行うときには、実績がある業者であれば、家族に合ったプランニングや介護保険についても柔軟に対応してくれます。
ここで、マンションのリフォームをする場合は、集合住宅の施工経験がある会社に必ず依頼しましょう。
もし、知識がない業者に任せてしまうと、管理規約に違反してしまう危険性があるからです。

◇要望に合わせた提案をしてくれるか

ご自身の理想に合ったプランを提出してくれるかどうかも重要です。
次のような内容をチェックしておきましょう。
こちらの要望をきちんと聞き入れてくれているか・会社側の意見を押しつけてきていないか・メリットだけではなくデメリットもしっかりと説明してくれるか・見積書の項目にある資材について、カタログやサンプルを提示して説明してくれるか・ローコストの提案などもしてくれるか・トイレ一つをリフォームする場合でも、機能性を重視したいか、見栄えにこだわりたいか、予算が一番大事か、ご家庭によって軸にしたいことは違います。
具体的にどのようなリフォームをしたいのか話した上で、必要に応じてわかりやすいサンプルも提示してくれる会社であれば安心です。

◇質問に対する回答が的確か

業者へわからないことを質問した時に、正しく答えてくれるかどうかも注目しておきましょう。
例えば、見積書のわからない点について詳細を聞いた場合に、自分が思っている納得のいく説明をしてくれるスタッフであれば信用できます。
逆に、難しい専門用語を多用したり、こちらに伝わりにくい話し方をしたりする業者であると、この先何らかのトラブルが起こる可能性があります。

◇担当者との相性は良いか

会話をしていて楽しい担当者であるかどうかもキーになります。
リフォーム完了後の具体的なイメージを擦り合わせるためにも、気持ち良くコミュニケーションを取れる人に担当してもらいましょう。
担当者の発言内容や態度は一番身近に感じる信頼できるものであるか、これまでの打ち合わせにおいて時間や期日などの約束を守っているかということも、チェックしておくと良いでしょう。

◇保証・アフターサービスの内容も確認

保証や補償、アフターケアなどの説明もしっかり聞いておくようにしてください。
工事中に、資材をぶつけて壁などにキズをつけてしまう事故が起こったりしますし、リフォームが完了した後に欠陥が見つかることもよくあります。
実際、保証を確認しないで工事をしてしまったため、泣き寝入りする事態に陥ってしまった方も、残念ながらいまだに多いのも現状です。
アフターサービス制度が充実している会社であれば、何か困ったことがあった際に対処してくれるでしょう。

キッチンリフォームはいろいろな業者がある!どこを選んだらいいの?まとめ

キッチンリフォームはいろいろな業者がある!どこを選んだらいいの?まとめ

ここまで、キッチンリフォームを行うときに依頼する業者の選び方についていろいろな側面から紹介してきました。
できるだけ要望に遭った依頼ができて、後でトラブルがないような業者選びをしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。
必ず役に立つ情報ばかりとなっています。

【2022年10月06日 06時15分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【10月06日 06時15分現在】
ただ今、お電話すぐに対応いたします。

内装工事コラムカテゴリの最新記事