キッチンリフォームのときのシステムキッチンには対面式がおすすめ!

キッチンリフォームのときのシステムキッチンには対面式がおすすめ!

キッチンリフォームの醍醐味といえばシステムキッチンを新しく設置することになります。
システムキッチンには種類がありますが、その中でも対面式システムキッチンについて特徴や、メリット、デメリットについて見てみましょう。
キッチンの導入前にいろいろとあるキッチンのメリットやデメリットをはっきりと把握しておくと、設置後にこんなはずではなかったと感じることもありません。

対面式キッチンってどんな種類がある?

対面式キッチンってどんな種類がある?

対面式キッチンとは、台所からダイニング、リビングを見通せることができるキッチンのことです。
利点としては、料理中に家族と顔を合わせながら会話ができたり、テレビを見ながら料理を作れたりという事ができる点です。
対面キッチンはI型キッチン・L型キッチン・アイランドキッチン・ペニンシュラキッチン・セパレート型キッチンの5つに分類されます。
それぞれ、同じ対面キッチンでくくられていますが、各5つとも特徴が違います。

◇I型キッチン

I型対面キッチンとしてダイニング、リビングを見渡せることができます。
アイランドキッチンやペニンシュラキッチンと違って、手元のカウンターの高さを上げればキッチン周りを隠せます。
I型対面キッチンは手元のカウンターで壁ができるので開放感が無くなります。
キッチンの見た目にこだわる場合は物足りないかもしれません。

◇L型キッチン

L型キッチンはリビンやダイニングの見晴らしがよく家族と顔を合わして会話する機会が増えます。
また、キッチンスペースが広いので移動が楽です。
L型キッチンはコーナー部分がデッドスペースとなり収納しにくく使いにくいです。

◇アイランドキッチン(対面キッチンタイプ)

アイランドキッチンは開放感があり、とくかく広く視線を遮らないので作業効率が格段にアップします。
アイランドキッチンは大きいので設置スペースを確保しなくてはいけません。
それと、開放感の裏返しに料理の臭いが広がり、油はねなどで床が汚れます。

◇ペニンシュラキッチン(対面キッチンタイプ)

ペニンシュラキッチンは、コンロの横に壁がある為、油はねを防いでくれます。
開放感があり広く使えます。
ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンと違って左右どちらかが壁に付いてるため移動も開放感も半減されます。

対面式キッチンのメリット・デメリット

対面式キッチンのメリット・デメリット

対面式キッチンにはメリットもありますし、デメリットもあります。
それぞれについて詳しく見てみましょう。

◇対面式キッチンのメリット

作業しながらの家族間のコミュニケーションができる
メリットとして、家族と会話しながら作業できるため、家族が家事に参加するのがしやすくなり、協力的になってくれるという印象を持っている人が多いです。

作業中、広がる空間に目を向けることができ
リビングの子供の様子を確認したり、テレビを見たり、窓の風景を眺めたりなど開放的な空間で作業ができます。

収納を増やせる
壁面をキッチンクローゼットとして使用できるので、収納力を増やせます。

◇対面式キッチンのデメリット

キッチンのスペースを広く取る必要がある
対面式キッチンは壁付けキッチンと比べ、通路を確保しなければいけないために面積を大きく占有してしまいます。

臭い、油・水ハネの心配がある
キッチンとダイニング・リビングとの間に仕切りがないと、料理中の臭いが部屋中に充満したり、油・水ハネのため床が汚れたりする心配があります。

◇デメリットを解消する

キッチンのスペースに合わせて、L字型など、変形レイアウトを選ぶ
直線的なII型キッチンを配置するよりも、L字型の方が通路を確保しやすい場合があります。
また、特殊な間取りには変形的なキッチンを設置することもできます。

セミオープン型、カウンターありを選ぶ
キッチン周りに壁・カウンターを造作することで、油・水ハネを防げます。
また、ダイニング側の壁面を活用することもできます。

透明なガラス戸の仕切りを設置する
開放的な空間を損なわないように、キッチンとリビングとの間に透明なガラス戸を設置できます。

対面式キッチンへリフォームするときの注意点と費用相場

対面式キッチンへリフォームするときの注意点と費用相場

対面式キッチンへリフォームするときの注意点や費用について詳しく見てみましょう。

◇注意すべきポイントは?

間取りをきちんと考えることがキッチンのリフォームで一番重要なことです。
対面式キッチンにリフォームしたがために移動がスムーズにできなくなってしまったという例もあります。
対面式キッチンは、壁づけキッチンよりもスペースを必要とします。
スペースの目安としては通路の幅が1.2mほどあれば、不便に感じることはないでしょう。
キッチンのリフォームはかなり費用がかかります。
業者によって見積もり費用の幅が大きい傾向があるので、相見積もりは必ず行いましょう。
また、業者へ高額なリフォームを任せるのですから、信頼できる業者を選ぶことが重要です。
リフォーム会社選びで迷っている人や不安がある人は、気軽に業者へ相談してください。

◇費用相場

まずは、キッチンを対面式にリフォームする際の費用相場を見てみましょう。
対面式キッチンにはペニンシュラ型・アイランド型という2種類があり、どちらにするかで費用は大きく変わります。
一般に、ペニンシュラ型の方が価格は少し安くなっています。
キッチンの移動を伴う工事では、電気やガス、水道の設備などの工事も必要になるため、必然的にリフォーム費用は高くなります。
キッチンとリビングが壁を挟んで向かい合っている場合は、壁を取り払えばペニンシュラ型のキッチンに早替わりです。
この場合、壁を取り払うだけなら費用相場は5万円前後で済みます。
壁を取り払った後の処理を丁寧に行いたいのであれば、使用する部材にもよりますが、もう少し費用がかかります。

4つの対面キッチンリフォーム後に不便と感じない為にすること

4つの対面キッチンリフォーム後に不便と感じない為にすること

4つをキッチンリフォーム後にこれを一緒にリフォームしとけばと後で後悔しない最低限のことを紹介します。

◇キッチンの高さのポイント

システムキッチンの高さは、使い手の身長によって使い勝手が変わってきます。
キッチンが低いと猫背になりやすく、高いと肩が上がってしまい肩こりの原因にもなります。
実はシステムキッチン既製品には、80cm、85cm、90cmの3つの高さのサイズがあり、自分に適したキッチンを選べるようになっています。
キッチンの高さを選ぶためのサイズの計算方法があります。
『身長÷2+5cm』というのがそれで、自分に適した目安の数字がでます。

◇通路幅の広さのポイント

キッチンの通路に人が通る場合の最適なサイズがあります。
一般的に1人の場合は、90cm、2人の場合は120cmが適していると言われています。
2人のサイズにしていれば間違いないのですが、部屋のバランスもあるので、それも踏まえて考えましょう。

◇コンセント設置のポイント

キッチンでは、家電製品が多いためコンセントは必須ですが、いざ、挿そうとすると、コンセント口が足りない、線が届かないといった事がよく起こります。
見た目の悪い、危険な、タコ線、延長コードといった、リフォーム後のキッチンに使わないようにする為にも、プランニング時にコンセント口数をいくつ設置するかイメージしてしっかりと決めて置きましょう。

◇ゴミ箱のスペースのポイント

キッチンをイメージする時は、家電製品や食器棚、収納棚の配置をイメージしてしまいますが、案外、大事なゴミ箱の位置のイメージを忘れがちになります。
ゴミ箱ほど、見た目を気にしたいと思うのですが、食器棚の下にゴミ箱専用の収納スペースを設けるなど、最初のプランニング時に業者に伝えるのを忘れないようにしましょう。

キッチンリフォームのときのシステムキッチンには対面式がおすすめ!まとめ

キッチンリフォームのときのシステムキッチンには対面式がおすすめ!まとめ

キッチンリフォームを行うときに、設置するシステムキッチンにはいくつか種類があるという事がわかったのではないでしょうか。
今回、その種類の中から対面式システムキッチンについてメリットやデメリットを詳しく紹介してきました。
対面式システムキッチンの良さを感じることができたのではないでしょうか。
新しくシステムキッチンを導入しようと考えるときは、こちらの情報をしっかりと読んで間違いのないシステムキッチン選びをしてください。

【2022年10月06日 07時05分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【10月06日 07時05分現在】
ただ今、お電話すぐに対応いたします。

内装工事コラムカテゴリの最新記事