キッチンリフォームおしゃれで機能的にするには!

キッチンリフォームおしゃれで機能的にするには!

キッチンリフォームをするときに、まずは、どの湯女雰囲気にしたいのかが重要です。
キッチンリフォームを行うときは利用できるスペースが限られているので、そのスペースをできるだけ有効活用するようにするためのシステムキッチン選びが重要です。
世の中にはいろいろなタイプのシステムキッチンがあります。
おしゃれなカフェスタイル、北欧風など、自分がやりたい雰囲気のシステムキッチンを取り入れることで満足のいくキッチンリフォームができることでしょう。
では詳しく見てみましょう。

キッチンリフォームの間取り

キッチンリフォームの間取り

快適に・楽しく料理するためには、動きやすい空間レイアウトがとても重要です。
実際にキッチンを使っている様子をイメージして、ベストな配置や形を考えましょう。
キッチンの間取りは大きく分けて2種類があります。
台所や厨房などのような、独立した間取りがクローズキッチンです。
リビング、ダイニング、キッチンが一体となった間取りがオープンキッチンとなります。

◇クローズドキッチン

クローズキッチンは、調理空間がリビングから見えないようになっているため、メリットとして、シンクの水音や調理中のにおいが気になりにくいということがあります。
また、調理器具や調味料なども一箇所にまとめられるため、生活空間をスッキリ見せたいという人におすすめのキッチンです。
デメリットは、リビングと区切られているため、料理中は家族とのコミュニケーションをとりにくいというところです。
広さや日当たりを確保し辛いため、閉鎖的な間取りになりがちなところもデメリットといえるでしょう。

◇オープンキッチン

オープンキッチンのメリットは、料理しながら家族とコミュニケーションを取りやすい点です。
小さな子どもの様子も確認しながら調理ができます。
部屋を区切らないため開放的で、空間を広く使えるのもポイントです。
カフェやレストランのようなムードある部屋にしたいという人にはおすすめのキッチンです。
ただし、料理中の匂いや音が生活空間に入ってくる点には注意しなければいけません。
きちんと整理整頓しなければ、リビングもキッチンも雑然とした印象になり汚く感じるというデメリットがあります。

キッチンリフォームの使い勝手の良いレイアウト

キッチンリフォームの使い勝手の良いレイアウト

クローズかオープンかを想定できたら、具体的なレイアウトについて考えましょう。
ここでは、キッチンレイアウトのパターン別に、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

◇壁付け型

壁付け型は一般的なオープンキッチンで、壁に寄せるかたちで台所が設置されています。
調理スペースがコンパクトにまとまるため、特徴としては空間を広く使いやすいところです。
ダイニングテーブルを利用すれば、料理を配膳しやすいレイアウトになっています。
また正面に壁があるため、リビング側に油や水がほとんどはねないのもメリットといえます。
ただし、食器棚や冷蔵庫、電子レンジといったキッチン家電の設置場所に困るのがデメリットです。
それぞれのサイズや機能、コンセントまでの距離などを想定して、使いやすい場所に設置するための工夫をしなければいけません。

◇ペニンシュラ型

ペニンシュラ(半島)型とは、壁にコンロやレンジフードなどのキッチン設備の一部を寄せた対面レイアウトです。
リビングの家族と顔を合わせながら料理できる点が一番の特徴で、リビング側にカウンターを設置すれば、配膳やちょっとした食事が可能です。
カフェやバーのような雰囲気をつくれるので、人気のあるレイアウトパターンの1つです。
また腰壁を設けることで、クローズキッチンのように調理場がリビングから見えにくくできるため、日用品の区分をはっきりと分けやすいのもメリットといえます。
デメリットは、収納スペースがあまりとれないという事です。
背後に家電ボードや食器棚を置いたり、隣接したパントリー(収納スペース)をつくったりといった別途工夫が必要です。

◇アイランド型

アイランド(島)型は、海に浮かぶ島のように、四方を壁から離した対面のレイアウトされたキッチンです。
両サイドから回り込めるので、家族や友人など、複数人でいっしょに和気あいあいと料理をしやすい空間といえます。
シンクやコンロと作業台を分けて二列にするなど自由な空間設計をしやすいのも、メリットです。
ただしこのレイアウトにするには、かなり広いsペースが必要になります。
キッチンの通路幅は90cm程度(小柄な方は80cm)が一般的ですが、複数人でキッチンに立つ場合120cm程度の余裕が必要です。
リビングを圧迫しないで動きやすいスペースを確保するためには、カウンターをダイニングテーブルと兼用にしたり、パントリーを利用したりといった工夫が必要になるでしょう。

キッチンリフォーム:カフェスタイル

キッチンリフォーム:カフェスタイル

カフェスタイルのキッチンはみんなで会話を楽しみながらコミュニケーションをはかれるようなコーディネートにするのがおすすめです。
対面風のキッチンの場合は収納の置き場所や配置を工夫して見せないものと見せるものを計画的にわける必要があります。
見せる収納には色や形にこだわったセンスのよい雑貨を置くとおしゃれなカフェの雰囲気がでます。
また、壁に向かって配置されているキッチンの場合でも背面に家具やカウンターを置くことでカフェらしいインテリアを演出できます。

ステンレスのワークトップと落ち着いた色の本体がおしゃれなキッチンです。
壁のタイルがレトロ感を出しており、ちょっとなつかしいカフェ風のキッチンに仕上がります。
幅があるカウンター収納にはたくさんものがしまえて機能的にもメリットがあります。

ワークトップと兼ねたステンレスのダイニングテーブルが機能的です。
たくさん物をしまえる背部の収納の扉、また同じ形でありながら違うデザインの椅子などをコーディネートして置いたりすると、スタイリッシュなカフェ風のキッチンになります。

総ステンレスのキッチンと業務用の冷蔵庫が飲食店の厨房のような雰囲気です。
後ろに味わいあるレトロな木材のカウンターテーブルと黒板をコーディネートし、おしゃれなカフェ風のキッチンになります。

味わいのある古材のディスプレイが印象的なキッチンになります。
異なった素材の2つの椅子が置いたりできますが、キッチンのワークトップやダイニングテーブルの素材にあわせてコーディネートすることで統一感がだせます。
見せる収納を使って普段使いの物をおしゃれにディスプレイしています。

キッチンリフォーム:北欧スタイル

キッチンリフォーム:北欧スタイル

北欧の人々は長く厳しい冬を乗り越えるため、室内を居心地のよい機能的な空間にするいろいろな工夫をしてきました。
そのため、ナチュラルな素材感を活かし機能的なデザインを取り入れてコーディネートするのが多くここまで北欧スタイルのキッチンの特徴といわれてきました。
シンプルですがほっとするような雰囲気があるため、そんなキッチンにパステルカラーを使った雑貨などを取り入れたり、あたたかみのある照明器具を取り入れたりするのも北欧らしいおしゃれなキッチンの特徴です。

明るい木の色合いと壁と天井の白い色がマッチしたシンプルな北欧スタイルのキッチンコーディネートなどもできます。
床をヘリンボーンにすることでレトロでおしゃれな雰囲気をつくりあげてくれます。

床と壁の木の風合いと薪ストーブが北欧の雰囲気を醸し出しています。
ダイニングとキッチンを仕切っている壁の開放感のある開口部がキッチンをより広く見せています。
キッチンの棚に飾ってあるカラフルなパステルカラーのお皿がおしゃれな雰囲気を一層引き立ててくれます。

白いカウンターキッチンの開放的で明るい雰囲気が部屋を広く見せています。
背後にあるオープンスタイルの収納とやわらかい色合いの壁のコーディネートがやさしい北欧風の雰囲気です。
ほっこりとしたデザインのペンダントライトも魅力的です。

キッチンリフォームおしゃれで機能的にするには!まとめ

キッチンリフォームおしゃれで機能的にするには!まとめ

キッチンリフォームをするときに、キッチンスタイルは決まっていてオープンスタイルクローズドス体の2つがあり、それぞれの特徴を詳しく紹介してきました。
キッチン全体の雰囲気をどのように見せるかで、がらりと違った雰囲気を演出してくれるということがわかったのではないでしょうか。

【2022年10月06日 07時29分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【10月06日 07時29分現在】
ただ今、お電話すぐに対応いたします。

内装工事コラムカテゴリの最新記事