キッチンリフォームの価格の違いは何?

キッチンリフォームの価格の違いは何?

一言にキッチンリフォームと言ってもかかる費用が大きく違いが出てきます。
50万円以下でキッチンリフォームができるケースがありますが、200万円以上かかるケースもあります。
この価格の差はなにが要因なのでしょうか。
知っておかないと予算オーバーになってしまいあとで後悔する羽目になります。
そうならないためにも、キッチンリフォームでどうしてこれだけの差が発生するのかを詳しく見てみましょう。

キッチンリフォームの種類とメリット

キッチンリフォームの種類とメリット

システムキッチンへ交換する場合は、新しく導入するシステムキッチンのサイズを確認しておかなければいけません。
システムキッチンには規格がありますが、旧式から交換する場合、サイズが合わない可能性があります。
メーカーの中にはオーダーメイドサイズの商品や、ジャストフィットサイズの商品などいろいろとあるのでサイズ選びには注意しましょう。

◇I型キッチン

I型キッチンとは、コンロからシンクまで一直線に並んだキッチンのことです。
システムキッチンの中でも最も売れているキッチンのため、お手頃に購入できます。
しかし、キッチンが横に長くなるということは、無駄な作業動線が増えるため動きにくいというデメリットがあります。

◇L型キッチン

L型キッチンとは、コンロとシンクの部分が90度に向かい合うキッチンのことです。
L型キッチンでは、キッチン内の移動を最小限にしながら、十分な作業スペースを確保できる物がおすすめです。
設置スペースはI型キッチンよりも必要なため、キッチンを設置することに圧迫感を感じる人もいます。
また、コーナー部分がデッドスペースとなり、収納スペースを確保しにくいというデメリットもあります。

◇対面型

対面型キッチンとは、リビングやダイニングの方向に見ているキッチンのことです。
開放感があるため、家族とコミュニケーションがとりやすく、キッチンにいなくても作業の様子が分かるため、家族が配膳や片づけなど手伝いやすくなっています。
キッチンからリビングのテレビを観ることができるため、忙しい朝でも準備をしながら天気予報やニュースなどを見れます。
しかし、リビングやダイニングにまで臭いが広がったり、調理中の音が響きます。
リビングやダイニングからキッチンの様子が見えることで、整理されていないと乱雑な印象を与えてしまいます。

キッチンリフォームの注意点とポイント

キッチンリフォームの注意点とポイント

最近のキッチンリフォームは、旧式の古い流し台から機能が充実しているシステムキッチンへ交換するというのが主流になっています。
キッチンにもいくつか種類があり、収納力に特化したものや、使用する方の身長に合わせてシンクの高さを調整できるものなどがあります。
リフォームの動機は経年劣化や、利便性を向上させるためなどが挙げられます。
また、システムキッチンはメーカーが一定の規格サイズのものを販売しており、同規格サイズのものであれば、サイズの調整が必要ないのでリフォームの工期や工程もスムーズに行えます。

◇レイアウトや内装の変更はしない

キッチンをリフォームする際、キッチンのレイアウトを大きく変えずにリフォームをすれば、工事費用をおさえられます。
それに対し、壁を取り払ってオープンキッチンにするなど、レイアウトを大幅に変更する場合は、追加工事として給排水管や排気用ダクト、電気配線等などの工事が必要となり、その場合はリフォーム費用が大幅に上がります。
そしてオーダーメイドのキッチンを設置する場合は、やはり費用も高くなってしまいます。
キッチンの壁や床などの内装を変更する場合なども面積によって費用も上がります。
内装の費用については貼る壁紙の種類や材質、床材のグレードを少し落とすことで費用をおさえることもできます。
特にこだわりがなければそういったものを取り入れることも費用をおさえるポイントになります。

◇オプション機器の導入は要検討する

取り付けるオプション機器などの選択によっても費用が大幅に変わってきます。
オプション機器の導入を必要最低限のものだけにしたり、オプション機器のグレードを落としたりなどすると良いでしょう。
オプション機器を取り入れる方が機能性は向上しますし、キッチン生活が快適になります。
リフォームの段階で費用を抑えようとしたことで、後にやっぱりオプション機器があった方が良いと設置を考えても、再度業者に依頼すると工事費用が割高になるだけです。
最初の段階で慎重に検討し、オプション機器は最初の段階で取付けるようにしましょう。

◇業者に相談する

経験豊富な業者であれば、様々な施工事例の実績があります。
取り付けたいオプション機器やこだわりのある部分は取り入れ、コストダウンができそうな要素がほかにないか、業者に提案してもらう方法があります。
取付ける際の施工の法や素材などの仕様で、費用を抑えられる可能性を見つけてもらえる可能性があるのです。

キッチンリフォームの工事と価格

キッチンリフォームの工事と価格

経験豊富な業者であれば、様々な施工事例があります。
取り付けたいオプション機器やこだわりたい部分は取り入れ、他にコストダウンができそうな要素を業者に探してもらい提案してもらう方法があります。
取付ける際の施工方法や素材などの仕様で、費用を抑えられる可能性を見つけてもらえることもあります。

◇キッチンリフォームの価格について

キッチンリフォーム(システムキッチン交換)にかかる費用は大きく分けて、商品代金・工事費用の2点です。
まずは商品自体の代金ですが、それぞれのメーカーはブランド展開しており、高価格でハイグレードなものから、手軽に購入できるスタンダードなものまであります。
最終的な商品代金は取付けるオプションによっても変わります。
工事費用は専門業者の作業料として支払う費用です。
商品を購入しても設置しなければ使えないので業者に依頼します。
キッチンの取り付け時はガスや給排水管などの工事も必要になるので、DIYでの施工は専門的な知識と技術がない限り難しいでしょう。
メーカーによっては商品購入から設置までを一貫して行っている場合もあるので、購入店に確認してみましょう。
本来、業者への依頼は何社かを比較見積もりすると相場もw借りますし価格競争が発生し費用を抑えられますが、中にはメーカー指定の業者が存在する場合もあります。
商品を購入する際は業者の確認も行うようにしましょう。

◇キッチンリフォームの取付工事価格について

キッチンの取付工事費用は10万円というのが相場です。
業者によって費用は異なり、取り付けを依頼する業者しだいでメリットもデメリットも異なります。
メーカー指定の業者でれば、商品知識の豊富なスタッフが取り付けてくれるため、施工不良の心配はほとんどありません。
ただし、その分費用は高くなることが多いです。
リフォーム会社が下請け業者に依頼する場合、価格を安く抑えられますが、工事中にキッチンに不備が発生しても、メーカーの保証対象外になります。

キッチン工事価格は、素材・オプション選びなどで抑えられる

キッチン工事価格は、素材・オプション選びなどで抑えられる

ここまでの事例をご覧になり、キッチンリフォームの価格差に驚いた人もいるかもしれません。
キッチンのリフォーム費用は、当然、工事規模によって大きく変わるものですが、収納扉などの部材の選び方次第で料金をある程度は抑えられます。

◇キッチンの交換工事価格の基本

システムキッチン本体の料金・既存キッチン解体工事費・処分料・配管工事費・台所の床材や、コンロ周辺の壁(パネル・タイル)、台所周辺の壁紙クロスの補修・張り替え工事費などが書かります。
この内、費用の大部分を占めるのは、システムキッチン本体の料金となります。
つまり、キッチンの各パーツの素材や、追加するオプション機能の選び方を工夫するだけで、低予算でリフォームできます。

キッチンリフォームの価格の違いは何?まとめ

キッチンリフォームの価格の違いは何?まとめ

キッチンリフォームをするときにかかる費用に差があるのはなぜなのかについてキッチン本体、工事費用、オプション設備などの面から詳しく紹介してきました。
キッチン本体の価格が高くなれば当然リフォーム全体の価格は高くなります。
それでも、扉の素材や必要のないオプションを外したりするだけで、キッチンリフォーム全体の価格を抑えることができるという事がわかったのではないでしょうか。

【2022年10月06日 06時46分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【10月06日 06時46分現在】
ただ今、お電話すぐに対応いたします。

内装工事コラムカテゴリの最新記事