キッチンリフォームは高い?

キッチンリフォームは高い?

キッチンリフォームを行うときに最初に考えるのが費用面ではないでしょうか。
キッチンリフォームにかかる費用は、高いのか安いのかどのくらい必要なのかがわからないという人は多いのではないでしょうか。
確かにキッチンリフォームにかかる費用は高いのですが、そんな高い費用をいろいろな対策をすることで安くできます。
その方法について詳しく紹介します。
ぜひ参考にしてください。

キッチンリフォームに価格費用は高いの?

キッチンリフォームに価格費用は高いの?

最近のキッチンは、独立型ではなくリビングとキッチンが一体化したLDKの普及に併せてデザイン性が大きく向上している為に若干費用が高いです。
機能性面を見るとゴミが集まりやすいシンク形状など、掃除がラクになるキッチンが増えています。
さらに調理機器の進化や調理スペースの工夫によって効率的に料理ができるため、最新式のキッチンに変えるだけで、家事の時短につながるだろう。

◇キッチン本体の価格

扉材やワークトップのデザインや高級感、ガスコンロをはじめとした調理器具等の機能にこだわるほど価格は高いというわけです。
例えば扉材の選び方だけで数十万以上高いものもあるので、予算に合わせて事前にカタログなどで価格帯を調べておくといいでしょう。
同じ位置・同じサイズでの交換であればキッチン本体価格以外に必要になる費用はそこまで高いとは言うわけではないのです。
むしろキッチンのグレードや、扉材の選び方でリフォーム費用が左右されます。

◇設置するための工事費

既存のキッチンからどれだけ機能などを変えるかによって、必要となる工事内容や費用が大きく変わります。
同じ位置・サイズなら給排水管や排気ダクトを移設しなくていいので費用を抑えられます。

◇床材やキッチンパネルなどの周辺工事の材料費

床材やキッチンパネルも同時に新しくする場合、それらの材料費が必要も必要になります。

システムキッチンの種類から選ぶ

システムキッチンの種類から選ぶ

システムキッチンリフォームを行うときは、たくさんあるシステムキッチンの種類の中から選びます。
システムキッチンの種類(形状)には、用途や使い勝手に合わせて次のようなものがあります。

◇I型

I型キッチンとは、コンロと調理台、シンクが全て横一列に並んだキッチンです。
I型と言われているかというとキッチンを上から見たときにアルファベットの「I」の形をしているためです。
キッチンの形状の中でもオーソドックスで一般的なタイプなので、リフォームの検討しているときに見かけたことがある人も多いかもしれません。
料理をする上で使用するパーツが並ぶため、横に長いキッチンになります。

◇L型

L型キッチンとは、キッチンを上から見たときにアルファベットのLの形になっているタイプのキッチンです。
調理台がL字の角になり、コンロとシンクが直角になっています。
横並びのI型キッチンと違って、キッチン内で移動する距離が短いのがメリットですが、L字の角の部分をデッドスペースに感じる人もいます。
ゴミ箱を置いたり使う食材を置いたりする作業場所として有効に使える人にとっては魅力的なキッチンの形状かもしれません。

◇II型

II型キッチンは、中央に作業スペースを挟んでシンク・コンロ・作業台などが平行に並んだもので、作業導線が短く済むので効率がよいです。
リビング側シンクを置くかコンロを置くかで雰囲気ががらりと変わります。

◇U型

シンク・コンロ・作業台などがU字に並んだものです。
作業スペースが広く取れるので作業をするときは大人数でも楽に出来ます。

◇アイランド型

キッチンを「島」の様に壁から離し、独立してキッチンの中央に設置したシステムキッチンです。
四方からもキッチンを囲めるので大人数で作業やホームパーティなどをする人には向いています。

キッチンをリフォームする際の注意点

キッチンをリフォームする際の注意点

キッチンリフォームをするときにいくつか注意点があります。
まずは、キッチンのサイズや設置するコンロがIHなどの場合など、いろいろと確認をしておかなければいけないことがあります。

◇キッチンのサイズ選び

キッチンのサイズは2550(幅が2550mmという意味)など、キッチンの間口サイズは何パターンか用意されているが、そのサイズがキッチンルームに収まるかだけでなく、搬入経路が確保できるかという点も重要です。
特に古いマンションでエレベーターも階段も狭かったりすると、キッチンのサイズによってはどうやっても住居まで持ち込めないことがあります。
リフォームを依頼したら、まず搬入経路の広さとキッチンサイズを同時に確認してもらうようにしよう。

◇つり戸棚のサイズ選び

キッチンと併せてつり戸棚も入れ替える場合、収納量を増やすためにサイズを大きくしたい人もいるでしょうが、梁がある場合はその位置によってサイズを大きくできないケースもあります。
これもリフォーム会社にあらかじめ相談しましょう。

◇キッチンレイアウトの変更

壁付キッチンから対面式キッチンへとレイアウトを変更する場合、まず給排水管も一緒に移設しなければいけませんが、その際きちんと排水できるように勾配を付けなければいけません。
特にマンションや一戸建ての2階にキッチンがある場合は、建物を垂直方向に走る配水管からあまり離れてしまうために、床の厚みの中で勾配が付けられず、床を高くするなどの追加工事が必要になることもあります。
それも限界があるので、垂直方向の排水管からあまり離してレイアウトすることはできないでしょう。
また対面式キッチンにすると、レンジフードから壁まで排気ダクトを伸ばさなければいけません。
特に躯体に穴を開けられないマンションでは壁や梁にはわせてそれを隠す工事も必要になるほか、それが空間を圧迫してしまいがちになります。

◇マンションでガスレンジからIHクッキングヒーターへリフォーム

マンションでは全体で使用できる電力容量に制限があるため、戸別に使用電力を変えることができず、大容量のIHクッキングヒーターを設置できないない場合もあります。
契約アンペア数の変更については管理規約などで決められている可能性があるためにあらかじめ調べておいたほうがいいでしょう。

高いキッチンリフォーム費用を安くするには

高いキッチンリフォーム費用を安くするには

キッチンはこだわり始めると、限界はありません。
そのため、価格も想定していた価格よりも大幅に高くなってしまう可能性があります。
高額になりがちなキッチンリフォームを少しでも安く抑える方法を紹介します。

◇DIYで設置

キッチンのDIYをするときは、システムキッチンをインターネットなどで購入して自分で施工するので、システムキッチンの購入費のみで済み、費用を格安で抑えられます。
しかし、キッチンのDIYをするのはあまりおすすめできません。
なぜならキッチンの取り付けは、キッチンが元からあった場所にそのまま当てはめるだけで済むというわけではありありません。
キッチンリフォームには、ガスの配管工事や電気工事が必要です。
そのため、素人があまり知識のない状態でキッチンリフォームをDIYで行うと、水漏れだけですめばいいのですが、ガス漏れや感電などの大きな事故に繋がる可能性も高いのです。
そのような事故に遭遇しないためにも、キッチンリフォームを無理に自分でDIYしようとしないで、設置は業者に依頼するようにしましょう。

◇キッチンは既存の位置から変えない

キッチンリフォームはシステムキッチンの入れ替えがメインとなります。
対面式のキッチンやアイランドキッチンに変更するという希望がない限りは、キッチンリフォームを格安に抑えるポイントはキッチンの位置は動かさないということになります。
なぜなら、位置を動かすということは、ダクトや給排水、電気工事をおこなわなければならず、工事費用が大きく変わってしまいます。
そのため、キッチンリフォームを安く抑えるためには、既存の位置からできるだけ変更がないようなキッチンにしましょう。

◇リフォーム減税や補助金を利用

バリアフリーや省エネ・耐震の条件を満たすリフォームなどは、減税を受けることができるようになりました。
大規模リフォームや、中古住宅を購入するときなど、借入額の多い時にお得感があるのが、住宅ローン減税です。
この住宅ローン減税は、返済期間10年以上のローンを組んだ際に使用できます。
一方、5年以上のローンを利用してリフォームをした際に使用できる減税に、リフォームのローン型減税というものがあります。
省エネとバリアフリーリフォームが対象となり、これらのリフォーム以外の費用も含めた借入額から5年間で最大62万5000円まで戻ります。

キッチンリフォームは高い?まとめ

キッチンリフォームは高い?まとめ

キッチンリフォームを行うときには費用面で高いと思われますが、そんな費用をできるだけ安くするための対策などを詳しく紹介してきました。キッチンリフォーム費用を少しでも安くするために役に立つ情報ばかりなのでぜひ参考にしてください。

【2022年10月06日 05時45分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【10月06日 05時45分現在】
ただ今、お電話すぐに対応いたします。

内装工事コラムカテゴリの最新記事