失敗しないためのキッチンリフォーム!事例

失敗しないためのキッチンリフォーム!事例

キッチンのリフォームを検討し始めると、費用や手順、リフォーム会社の見つけ方など、分からないことも多いのではないでしょうか?多くの方が疑問を持ちながらキッチンのリフォームを検討しているかと思います。
ここではキッチンリフォームでの注意点や見積もりの取り方、そしてリフォーム会社やキッチンの選び方まで具体的に説明していきます。
納得のリフォームが出来るよう、ひとつひとつ理解しながら読み進めてみてください。

理想のキッチンを実現するために最初に行うべきこと

理想のキッチンを実現するために最初に行うべきこと

◇キッチンリフォーム時のチェックポイント

理想のキッチンを実現するために最初に行うべきことは、リフォームで実現したいことをご自身の中で整理することが重要です。
安くしたい・収納を増やしたい・使いやすくしたい・間取りを見直したい・機能を充実させたいなど、さまざまな要望があると思います。
その中で優先順位をつけることが重要です。
要望を整理するのが目的なので、順位にこだわりすぎる必要はありません。
優先順位を決めて、順位に沿ってリフォームで実現する方法を考えていきましょう。
リフォーム会社に見積もりに来てもらう際にも、これらの要望をしっかりと伝えることがキッチンリフォームを成功させる秘訣です。

◇キッチンリフォーム時のコツ

キッチンのリフォームに合わせて収納を見直すと、使い勝手も向上します。
ここでは使いやすい収納のポイントと、使いやすい収納にするための具体的な手順にご説明します。
コツには、よく利用するモノは目から腰の高さの範囲に置く・使うものと使う場所を近づけて配置する・配置を決めたらしっかりと守る・調理台にはものを置かずに広々と使う・収納スペースの中も使いやすく整理するなどがあります。
使いやすい収納をするための手順としては、使うものと使わないものを分ける・キッチンに置かないものを運び出す・利・頻度の低いものを収納の奥に置く・利用頻度の高いものを手の届きやすい収納スペースに置く・収納内に仕切りを設けるなどがあります。

キッチンリフォームの費用と相場

キッチンリフォームの費用と相場

キッチンをリフォームする際に最も気になることの一つが、「いくら掛かるの?」ということではないでしょうか?リフォームは個別性が高いので厳密な金額は出せませんが、ここでは費用の目安やどのようなリフォームが高くなるのかについてご説明いたします。

◇キッチンリフォームの費用の目安

キッチンリフォームの費用は「キッチンの形状」と「キッチンのグレード」によって大きく変わってきます。
キッチンの形状は台所のスペースや生活スタイルに合わせて選び、グレードに関しては、どこまで予算を掛けるかで判断するとよいでしょう。

◇キッチンリフォーム費用が高くなりがちなケース

キッチンのリフォームは中身によって相場よりも高くなる場合があります。
どのような場合に高くなるのかご説明いたします。
分かりやすい例としては壁側に設置していたキッチンを、対面型のキッチンにリフォームするような場合です。
排水管や排気用ダクト、電気配線等の工事が追加で必要となり、費用は上がってしまいます。
マンションの場合は排水管やダクトを動かすのに制限があるので特に注意が必要です。
リフォームは始めてみなければ追加工事が必要かどうかわからない箇所があります。
実際に古いキッチンを取り外してみたら、壁や床板が傷んでいて修理が必要というのはよくあるケースです。
キッチンを交換する際に一回り小さなものにすると、床や壁紙に隙間が出来てしまいます。
一見すると同じ大きさの場合でも、奥行きが小さくなる場合もあり、床に隙間が出来てしまいます。

理想のキッチンの選び方

理想のキッチンの選び方

台所の間取りや収納と同じく、キッチン選びも重要なポイントとなります。
ここでは初めにキッチンの形状や種類についてご説明し、後半部分では具体的な選び方についてご説明してまいります。

◇I型キッチン

最もスタンダードな形状のキッチンで、リフォームの費用はリーズナブルです。
大きなキッチンの場合は移動距離が伸びてしまい使いにくくなるため、最大でも270cmまでにするようにしましょう。
この形状のキッチンを選ぶ場合は、冷蔵庫の置く場所を考えて選ぶとよいでしょう。
冷蔵庫の配置によって使い勝手も異なってきます。

◇L型キッチン

L型キッチンは、I型に次いで多い形状のキッチンです。
L型キッチンは動線が三角になるため、動線自体を短くできるという特徴があります。
I型はコンパクトな台所に合いますが、L型は少し広めのスペースが必要になります。
設置スペースを多めにとるため、食器棚のスペースはあらかじめ考えておく必要があります。
また、コーナー部分はデッドスペースにもなりやすいので上手な利用を考えなければなりません。

◇対面型キッチン

対面型キッチンは家族とのコミュニケーションがとりやすいことで、近年人気の高まっている形状のキッチンです。
調理スペースの後ろに食器棚を配置しやすいことも人気の理由です。
一方で、他の形状のキッチンから対面型にリフォームする場合は位置の変更をしなければいけないためにリフォームの費用は高くなりがちです。
また、調理スペースが窮屈になりがちなので、多少ゆとりを持って配置しなければいけません。
そのためダイニング部分は狭くなってしまいがちだということは覚えておいてください。

キッチンリフォーム事例

キッチンリフォーム事例

実際にキッチンリフォームをしたときのリフォーム事例を金額別に説明します。

◇200万円までのキッチンリフォーム

L型キッチンから対面キッチンにリフォーム、マグネットラックで収納力アップL型キッチンから、対面型キッチンにレイアウトを大胆に変更できます。
ダイニング、リビングへ続く空間がすっきりし、雰囲気ががらりと変わりました。
キッチン背面に、大型のカップボードを設置するとで、片づけやすく、物がごちゃつかないキッチンスペースを実現します。
換気扇の汚れが目立ってきた、収納スペースが足りないなど、キッチンに関するご不満を持っていた点が解消されます。
当初は換気扇の取替リフォームだけを検討していましたが、ショールームに足を運ぶことで、ホーローの良さ、収納スペースの充実、掃除の簡単さなどを体感いただく中で、間取り変更を含めたキッチン全体のリフォームを考えられます。
工期は5日程度で、総費用は約180万円となります。

◇200万円以上のキッチンリフォーム

200万円以上のキッチンは、料理研究家の理想を叶えたキッチンです。
料理研究家として、自宅のキッチンを仕事場に、料理レシピの作成や雑誌の取材をよく受けることがあります。
だからこそ、キッチンのデザインにはこだわりたいと思うのです。
また、キッチンの作業スペースが狭く、リビングとつながる開口部が小さめの場合に200万円以上のキッチンリフォームで大きく変わります。
料理の工程を撮影するには不便だったのが、広く・開放的なキッチンに変身します。
作業スペースを広くしたいとのご要望を受けて、I型からL型キッチンに変更できます。
料理研究家などのお客は、自宅キッチンで雑誌の撮影をすることも多く、キッチンのデザインを重視しています。
ショールームを見学して、他にはないレトロなデザインのエーデルに一目惚れして依頼する人もいます。
作業スペースが狭いと考えている人は、キッチンをI型からL型に変更すると問題は解決します。
元々あった木の造作家具は、エーデルのどこか懐かしくてレトロなデザインに調和します。
家具を残したまま、I型からL型キッチンに変更して、ワークスペースを広げます。
インテリアとして天井に木を貼ったことで、白さが引き立つキッチンと、ナチュラルな色合いのリビングをつなげるようにし、美しいキッチンスペースに仕上がりました。
工期は14日、総費用は約240万円となります。

失敗しないためのキッチンリフォーム!事例まとめ

失敗しないためのキッチンリフォーム!事例まとめ

キッチンリフォームを失敗しないためのやり方や目的をはっきりとさせることになついて詳しく紹介してきました。
システムキッチンは費用によってその機能性なども大きく変わることがわかったのではないでしょうか。
どのようなキッチンを求めているのかという事をはっきりさせて、それに見合ったキッチン選びをするには予算をしっかりと確保することも大切であるという事がわかったのではないでしょうか。

【2022年10月06日 06時31分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【10月06日 06時31分現在】
ただ今、お電話すぐに対応いたします。

内装工事コラムカテゴリの最新記事