キッチンリフォームでおすすめはL型キッチン

キッチンリフォームでおすすめはL型キッチン

キッチンリフォームをするときにシステムキッチンは必要不可欠な設備です。
リフォームをほとんどがシステムキッチンに何を設置するかで決まると言って過言ではありません。
利便性と価格の両方を総合的に考えるとL型キッチンを使うのが一番いいのではと言われています。
そんなL型キッチンのメリットとデメリットを詳しく紹介します。
L型キッチンをどう使うと効率的な使い方ができるのかについても見てみましょう。

L型キッチンの特徴

L型キッチンの特徴

L型キッチンとはその名の通り、壁の一面、もしくは二面を利用して、L字型に配置したキッチンです。
コンロとシンクが向き合うように設計されることが多くなっていますが、基本的にデザインの仕方はいろいろあります。

◇リフォームする際の費用目安

L型キッチンにリフォームする際の費用の目安は、50?200万円程度します。
一方、最も主流なI型キッチンの場合は、50?150万円の価格帯でリフォームできることが多く、値段重視でリフォームしたい方からも人気があります。
基本的に、キッチンの位置を変更せず、似た型のシステムキッチンに交換する時は100万円未満で施工できた例も多々見られます。

L型キッチンの使い勝手をよくする

L型キッチンの使い勝手をよくする

L型キッチンの特徴と言えば、調理などの際の作業スペース広いことです。
特にコーナー部分には大きな皿や調理済みの鍋などをいくつも収納できる余裕があるのでとても便利です。
シンクとコンロが両側に振り分けられているため、移動すること無く体を90度変えるだけで両方の作業が可能な点も魅力のポイントになります。
調理の際の動線が非常に短く、抜群の使い勝手の良さです。
子供のお手伝いなど、複数人でキッチンに立つときも広いスペースがあるので快適です。

◇メリット

L型キッチンのメリットとして、作業スペースを広く存分に確保できる・収納スペースも十分に確保できる・90°に動くだけでコンロとシンクでの作業が可能・二人など複数人での作業にもゆとりある広さが確保されやすいなどがあります。
I型よりも、収納場所が多く作業スペースを広く確保できて、調理や盛り付けなど一連の作業が効率よく行えるレイアウトがL型キッチンの魅力となっています。
2人同時にキッチンに立っても十分な広さを確保しやすく、家族が多い方や、食器や調理器具などが多い家庭におすすめのタイプです。

◇デメリット

L型キッチンのデメリットとして、収納などコーナー下がデッドスペースになりやすい・シンクと加熱機器が近すぎても遠すぎても使いにくい・冷蔵庫や食器棚のスペースが確保しにくい・広さのあるキッチンだとコンロとシンクの場所が離れてしまい作業しにくくなる・シンプルなI型キッチンなどに比べ予算が高くなりがちなどがあります。

L型キッチンの収納スペースは

L型キッチンの収納スペースは

コーナー部分のキッチン台の下の収納スペースは、奥が使いにくくて無駄になっていることが多いです。
手前は、片づけても元に戻ってしまうことが悩みです。
うまく収納できないでしょうか?とのご相談でした。

◇コーナー部分は奥行きが深くて使いにくい

L型のキッチンは、作業スペースが広くとれるので効率的ですが、作業台下の収納部分は奥行きが深いため、使いにくい!という悩みはたくさんの人が持っています。
収納部分には棚が設置されていて、下段の奥は、のぞき込まないと何が入っているか分かりません。
奥のスペースには保存容器、トレイ、水、ストック品(缶詰・調味料・お菓子)などをおさめています。

◇使いにくい場所で気をつけたいこと

奥の方に重いものを収めると、かがみながら取り出すとき、身体に負担がかかります。
出し入れしにくい場所は、重たいものよりも軽いものが向いています。
出し入れしにくい場所から毎日、週に何回も出し入れしていると、ストレス以外何物でもありません。
おさめるものは、使用頻度が低いものがおすすめです。

◇出し入れしにくい場所を活用するコツ

トレイ、バスケットなどのケースを活用すると、引き出すことで奥のものもまとめて取り出せます。
現在は、上段にお菓子のストックが置かれていますが、トレイやバスケットなど浅くて軽いものにまとめておくと、取り出しやすくなります。
高さのあるケースだと出し入れがしづらいので低いものを置いた方がよさそうです。
100均の書類ケースやプラスチックケースなどが活用できそうです。
透明ケースなら何が入っているかひと目でわかります。

L型キッチンリフォームの費用はどのくらい?

L型キッチンリフォームの費用はどのくらい?

L型キッチンリフォームの設置するときに、どのくらいの費用が必要なのかを詳しく見てみましょう。

◇L型キッチンの基本的な費用相場

L型キッチンは、コンロや調理台、シンクが一直線ではなくLの字に曲がった形になっています。
壁向きにコンロがあり、調理台がLの角の部分、シンク部分が対面式になっているケースがほとんどです。
I型と比べると作業スペースを広く取れることや、移動しやすいのがメリットです。
キッチンが独立した空間になっているものを独立型キッチンといい、独立型にはL型が採用されていることが増えてきています。
リビングやダイニングから仕切られているため、煙や臭いが漏れないのが特徴です。

◇費用が変わるポイント:使用する素材

キッチンにはさまざまな素材が使われていますが、比べやすいのがワークトップです。
コンロから調理台、シンクまでが一体になっているシステムキッチンの場合、つながっている天板のことです。
ワークトップはステンレスや人工大理石、タイルなどの素材が使われます。
ステンレスは耐水性や耐久性に優れていて、昔からよく使われており今でもワークトップに使われる素材で主流です。
ステンレスは機能性が抜群で費用が安いのが一番のメリットですが、細かい傷が付きやすいというデメリットもあります。
ハイグレードのキッチンには特殊なコーティングが施されているものもあります。
人工大理石は、大理石ではなくアクリルやポリエステルの樹脂でできている素材です。
ポリエステルは価格が安いのですが、変色してしまうのが最大の弱点です。
アクリルは変色することがなく汚れも落ちやすいので人気です。
デザイン性が高く、耐水性や耐久性も劣らないのが大きな特徴ですが、耐熱性がそこまで高くないので注意が必要でしょう。
人工大理石にはクォーツストーンという種類もあり、水晶を樹脂で固めたものをいいます。
天然の石のような質感で高級感があり、傷が付きにくいのが特徴です。
軽量化されていますが他の素材と比べると重く、価格も高いというデメリットもあります。
タイルは海外でよく使用されていますが、日本でも流行った時期がありました。
耐水性や耐熱性が高く、さまざまなデザインから選ぶことができます。
タイルを張る作業に時間がかかるため工期が長くなり、目地の手入れが大変であることがデメリットとなります。

◇使用するパーツ

キッチンはコンロや調理台、シンクといったパーツからできています。
リフォームは設備全体を交換するだけではなく、ガスコンロからIHへの変更、換気扇やレンジフードの交換、食洗器の設置といった場合もあります。
新しく設置するパーツをどのようなものにするかによって費用が大きく変わります。
また商品価格だけではなく工事費用も必要であることを忘れないようにしましょう。

キッチンリフォームでおすすめはL型キッチンまとめ

キッチンリフォームでおすすめはL型キッチンまとめ

システムキッチンをせぅちにはL型キッチンがおすすめで、その特性やメリット・デメリットについて詳しく紹介してきました。
L型キッチンはI型キッチンよりは費用が掛かりますが、それ以上に使い勝手という面を考えると効率的に使えるキッチンだという事がわかったのっではないでしょうか。
これをいい機会にキッチンリフォームを考えている人はL型キッチンを選んでみてください。

【2022年10月06日 06時22分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【10月06日 06時22分現在】
ただ今、お電話すぐに対応いたします。

内装工事コラムカテゴリの最新記事