キッチンリフォームで使い勝手の良いキッチンにするには!

キッチンリフォームで使い勝手の良いキッチンにするには!

キッチンリフォームの本来の目的は、今のキッチンをより使い勝手を良くして最新の設備を利用d着るようにするという事が重要です。
そんなキッチンリフォームをするときにどのようなことにお金がかかり、工事をするときは何を基準でシステムキッチンを選んでいくべきか詳しく紹介します。

使いやすいキッチンとは

使いやすいキッチンとは

リフォームしてキッチンは新しくなったのに、使いにくくなっては本末転倒です。
ここではリフォームに合わせてキッチンを使いやすくするためのコツを伝えます。

◇キッチンレイアウトの基本

「調理の流れ」とは、冷蔵庫から食材を取り出し、洗って、刻んで、加熱調理して、配膳するという一連の流れになります。
調理の流れとしては、洗う、きざむ、加熱、配膳、食事、食器を洗うという順番になります。
そのときに使う設備としては、冷蔵庫、シンク、勝利代、コンロ、食器棚、冷蔵庫、シンク、食器洗い機、食器棚の順番で設備を使っていきます。

◇キッチンの同線のサイズ

次に考えることとしてキッチン内の動線です。
動線が悪いと使い勝手が悪く、効率的に家事を行うことが出来ません。
一つの動線の組み立て方として、コンロ、シンク、冷蔵庫の3点を結ぶ三角形の辺の合計が510cmだと快適な作業が出来るレイアウトになります。
リフォームの際には意識するとよいでしょう。
キッチンの同線として重要なのが、冷蔵庫、シンク、コンロ間の距離が重要です。
この3つのトータル距離は510㎝以内になると理想的な設置場所になります。

理想に知被けるためのキッチンの種類

理想に知被けるためのキッチンの種類

台所の間取りや収納と同じく、キッチン選びも重要なポイントです。
ここでは初めにキッチンの形状や種類について説明し、具体的な選び方についてご説明します。

◇I型キッチン

最もスタンダードな形状のキッチンで、リフォームの費用的にも格安できます。
大きなキッチンのときは移動距離が長くなり使いにくくなるため、最大でも270cmというのが限界でこの範囲内にするようにしましょう。
この形状のキッチンを選ぶ場合は、冷蔵庫をどこに置くのかを考えて選ぶとよいでしょう。
冷蔵庫の配置によって使い勝手も異なってきます。

◇L型キッチン

前述したI型に次いで多い形状のキッチンです。
L型キッチンは動線が三角形になるため、動線自体を短くできます。
I型はコンパクトな台所に合いますが、L型はI型よりも少し大きめのスペースが必要になります。
設置スペースを多くとるため、食器棚のスペースはあらかじめ考えてお金ければいけません。
また、コーナー部分はデッドスペースにもなりやすく、上手な利用を考えなければデッドスペースを有効活用できません。

◇対面型キッチン

家族とのコミュニケーションがとりやすいことで、最近一番人気の形状のキッチンです。
調理スペースの後ろに食器棚を配置しやすいことも人気の理由の一つです。
一方で、他の形状のキッチンから対面型にリフォームする場合は位置を変更しなければいけないためリフォームの費用は大分高くなりがちです。
その上に、調理スペースが窮屈になりがちなので、多少ゆとりを持って配置しなければいけません。
そのためダイニング部分は狭くなってしまいそうだということは覚えておいてください。

キッチンリフォーム工事にかかる費用

キッチンリフォーム工事にかかる費用

最近のキッチンは、リビングとキッチンが一体化したLDKの普及によってデザイン性が劇的に進化しています。
またゴミが集まりやすいシンク形状など、掃除がラクになるキッチンも増えてきています。
さらに調理機器の進化や調理スペースの工夫をすることで効率的に料理ができるため、最新式のキッチンに変えるだけで、家事の時短にもつながります。

◇キッチン本体の価格

扉材やワークトップのデザインや高級感、ガスコンロをはじめとした調理器具等の機能にこだわるほど価格は高くなります。
例えば扉材の選び方だけでも数十万円も変わることもあるので、カタログなどで事前に価格帯を調べておくといいでしょう。
同じ位置・同じサイズでの交換であればキッチン本体価格以外に必要になる費用はあまりかかりません。
むしろキッチンのグレードや、扉材の選び方でリフォーム費用が左右されることが多いです。

◇設置するための工事費

従来のキッチンからどれだけ変化させるかによって、必要となる工事内容や費用が変わってきます。
同じ位置・サイズなら給排水管や排気ダクトは疎のままでいいので費用を抑えられます。

◇床材やキッチンパネルなどの周辺工事の材料費

キッチンの交換と同時に床材やキッチンパネルも同時に新しくする場合、それらの材料費も必要になります。
これを踏まえて、リフォーム費用を見ていきましょう。
ビルトインシステムキッチンをリフォームする場合、工事費込みで55万3000円程度設備・建材費が32万5000円で工事費が22万8000円となります。
設備・建材費/システムキッチン(間口2100mm)、工事費/解体撤去、電気・給排水工事、設置費など種別/マンションなど設計・施工/リビテックスとなります。
同じサイズのシステムキッチンを同じ位置に入れ替える場合、床や壁など内装をほとんど変更する必要がありません。
また、給排水管やガス管の配管、電気の配線も簡単にできるので、全体の費用のほとんどを占めるのはキッチン本体価格だけとなります。

キッチンリフォームとオプション工事&注意点

キッチンリフォームとオプション工事&注意点

キッチンリフォームをするときに別途オプション工事が必要になることがありますし、工事をするときの注意点についても見てみましょう。

◇発生する可能性のあるオプション工事とは?

キッチンレイアウトを変更するケースで壁付のキッチンから対面式キッチンへリフォームをする場合はもちろんだが、同じサイズ・同じ位置でのキッチンの入れ替えをする時でも、ついでに壁や床を交換してキッチンまわりを一新したい人もいるでしょう。
その際は内装工事費が別途必要です。
食器洗い乾燥機やIHクッキングヒーターは分電盤から直接専用電源を引く必要がありますが、分電盤が1階にあり、キッチンが2階にある場合はそこまでの間の配線を隠す工事が必要になります。
一般的な電気コードと違ってこれらの電線は太いので、むき出しのまま壁や床をはわせるとかなり目立つのであまりお勧めしません。
そのため配線を隠すための工事も必要になります。

◇キッチンリフォームする際の注意点

2550(幅が2550mmという意味)など、キッチンの間口サイズはいくつか用意されていますが、そのサイズがキッチンルームに収まるかどうかはもちろんのこと、搬入経路が確保できるかという点もリフォーム時には重要です。
特に古いマンションでエレベーターも階段も狭かったりするので、どうやっても住居まで持ち込めないサイズというものもあります。
業者へリフォームを依頼したら、依頼する前に搬入経路も同時に確認してもらうようにしよう。
キッチンと併せてつり戸棚も入れ替えるような場合、収納量を増やそうとサイズを大きくしたい人も多いでしょうが、梁がある場合はその位置によってサイズを大きくできないケースもでてきます。
これもリフォーム会社にあらかじめ相談しましょう。

キッチンリフォームで使い勝手の良いキッチンにするには!まとめ

キッチンリフォームで使い勝手の良いキッチンにするには!まとめ

ここまで、キッチンリフォームをするときのキッチンの種類選びから工事までの注意点やポイントを詳しく紹介してきました。
ここで紹介してきました注意点やポイントをしっかりと把握してからキッチンリフォームを考えてみてください。
今からキッチンリフォームをしようと考えている人は、焦らずにゆっくりとキッチンリフォーム情報を勉強して役立ててください。

【2022年10月06日 07時47分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【10月06日 07時47分現在】
ただ今、お電話すぐに対応いたします。

内装工事コラムカテゴリの最新記事