キッチンリフォームをするときにアイランドキッチンを選び理由は?

キッチンリフォームをするときにアイランドキッチンを選び理由は?

キッチンリフォームをするときは、システムキッチンに何を選択するかで見た目が変わってきます。
今回、総合的に見てアイランドキッチンは見た目でもインテリア背に優れているので、設置をするのをおすすめします。
ただし、合いランドキッチンのメリットとデメリットがあるので、詳しく見てみましょう。

アイランドキッチンとはどんなもの?

アイランドキッチンとはどんなもの?

オシャレな新築物件のダイニングキッチンで今大人気なのがアイランドキッチンです。
最近では戸建てのリフォームやマンションのリノベーションの時にキッチンをアイランドキッチンにする人が増えてきました。

◇アイランドキッチンはその形から名付けられた

アイランド(Island)キッチンは名前の通り、島のように壁から離れた場所に設置されたキッチンのことです。
住宅雑誌や注文住宅などで目にするダイニングの中央にあるおしゃれなキッチンは、誰もが知っているのではないでしょうか?他の種類のキッチンは最低でも一か所は壁に接しているのに対して、アイランドキッチンはどこも壁には付いていないで完全に壁から独立しているのが特徴のキッチンです。
アイランドキッチンは両側が通路になっていて出入りや作業するのに快適で、リビングやダイニングにいる家族やお客と会話をしながら料理や食器洗いができるのが魅力です。
キッチンには基本的にシンクや作業台、そしてコンロなどが設置されています。
ダイニングとキッチンを仕切る壁がないので解放感があるのも人気になっています。

アイランドキッチンへのリフォームはこんな人におすすめ!

アイランドキッチンへのリフォームはこんな人におすすめ!

それではアイランドキッチンをおすすめするのにはどんな人がいいのでしょうか?キッチンをこんな風にしたい!という願望やライフスタイルなどから見ていきましょう。

◇スタイリッシュで解放感のあるキッチンにしたい

アイランドキッチンの魅力は、その解放感ではないでしょうか。
アイランドキッチンは壁から離れて独立しているので、リビングやダイニングに向かってキッチンがある構造になっています。
ダイニングキッチンの中央に設置するため、光や視線を遮ることはありません。
言うならばその空間の中の主役となっていて、リフォームでの空間デザインを考える上では大きな役割を果たします。
そのためあなたのリビングダイニングをキレイに整頓されたアイランドキッチンは、スタイリッシュに演出してくれます。

◇ホームパーティなど大勢で料理をすることが多い

ママ友や友達同士で集まってホームパーティをする家庭では、アイランドキッチンは特におすすめです。
両脇から複数人がキッチンに入れて動線がぶつからないので、スムーズに出入り可能です。
また何人かで料理や盛り付けをしていても立ち位置や作業動線を確保できるのは、空間がキッチンの四方にあるアイランドキッチンならではではないでしょうか。
リビングやダイニングでくつろいでいる人からも、キッチンに立つ人の顔がよく見えるので、料理しながらキッチンとリビングダイニングの人の会話も弾みそうです。
特に家族と一緒に料理をすることが多い方やホームパーティが好きな方は、リフォームをするならアイランドキッチンがおすすめです。

◇リビングにいる家族と話しながら作業したい

アイランドキッチンは、視線を遮るものがないという特徴があるのでリビングにいる家族と話しながら調理ができます。
アイランドキッチンは他のタイプのキッチンと比べてもリビングまでの距離がかなり近くなっているのが特徴です。
アイランドキッチンはリビングの隅々まで見渡せるのもメリットです。
例えば子供が勉強していたり、リビングで遊んでいたりする姿を視野に入れながら夕食の支度や後片付けができます。
またリビングのテレビを見ながら作業ができるのも便利です。
これなら小さな子供や目の離せないペットがいても安心で、来てくれたお客を料理しながらでも待たせることなくおもてなしや会話をすることもできます。

◇キレイ好きで物をたくさん置きたくない

実はアイランドキッチンはきれい好きで、キッチンに物を置きたくないという方にはピッタリのキッチンです。
見た目の解放感があるということは、逆に考えると部屋のどこからでもキッチンが見えてしまいます。
つまりキッチンが汚れていたり、ものが乱雑になっているのもリビングから丸見えになります。
そのため見せるキッチンとして、常に美しくものがないキッチンをキープできる人におすすめのキッチンということです。
整理整頓や収納の腕に自信がある方はもちろんおすすめですが、これからキッチンをキレイに使っていきたいと考えている方もアイランドキッチンにリフォームしてみるのもいいかも?ただしキッチンが散らかってしまう可能性がありますが、どうしてもアイランドキッチンにしたいという方は腰壁を設置することをおすすめします。
適度な高さを設ければ、視線を遮ることなく手元を隠してくれます。

◇厳選したキッチンアイテムだけを使いたい

厳選した食器やキッチンアイテムだけを使いたい人にも、アイランドキッチンはおすすめです。
アイランドキッチンは壁から離れている分、壁面を利用した収納スペースが思った以上に取れないというデメリットがあります。
もちろん収納棚を増やすなどの対策を取れば収納スペースを大分増やせますが、リフォーム費用が高額になってしまうこともあり得ます。
もしアイランドキッチンにしたいのであれば、見せる収納を意識しながら、厳選したキッチンアイテムを上手に選んで収納しましょう。

アイランドキッチンのメリットとデメリット

アイランドキッチンのメリットとデメリット

アイランドキッチンには、キッチンで過ごす時間が多い方だけではなく、おしゃれなLDKにしたい方にも注目していただきたいポイントがたくさんあります。
魅惑的な部分の多いアイランドキッチンですが、デメリットも忘れてはいけません。
キッチンは毎日使う場所だからこそ、必ずチェックしておきましょう。

◇アイランドキッチンのメリット

開放感がある
アイランドキッチンの最大のメリットは、何と言っても開放感でしょう。
視界が広がることによって、さまざまな箇所に目が届くようになります。

複数人で料理がしやすい
みんなで一緒に料理しやすいのも、アイランドキッチンの良いメリットです。
複数人で使っても、作業動線や立ち位置を確保しやすいのは、キッチンの左右に空間があるアイランドキッチンだからです。

コミュニケーションが取りやすい
また、独立型のクローズドキッチンと異なり、アイランド型のカウンターキッチンなら全体が見渡せて、テレビを見たり、リビングで遊んでいる子供と話したりしながら、調理できます。
リビングにかなり近い場所に配置できるので、来客の多いお宅にもピッタリのレイアウトだと言えます。

スタイリッシュなイメージになる
壁に囲まれないからこそ見せるキッチンを演出できるのも、アイランドキッチンの美点の1つです。
収納や整理整頓なども自信のある方なら、自慢したくなるキッチンになることは間違いありません。

自由な空間設計ができる
ライフスタイルに合わせて設計できるのも利点です。
ダイニングテーブルをくっつける、軽食を食べるカウンターを別に設ける、シンクとコンロの両方をアイランド部分に設置する/どちらか一方を壁面に設置するなど、様々な配置方法が可能です。

◇アイランドキッチンのデメリット

広いスペースが必要
重要なことの一つが、広いスペースを必要としてしまうことがあります。
余裕のある空間作りには、設計の段階からいろいろな工夫をしなければなりません。
レイアウトによっても変わりますが、一般的にキッチン空間は4.5畳あると理想的と言われています。
一方で、アイランドキッチンを設置する場合は、両サイドに通路を作らなければいけないなどの都合もあることから、6畳前後のスペースが必要です。
なお、アイランドキッチンの背面に冷蔵庫を置く場合には、今後交換する時のことも考え、冷蔵庫を運び込む通路幅も確保しておくことが重要です。

.

キッチンが丸見えになりやすい
アイランドキッチンは見せるキッチンにしたいのなら最強ですが、逆に言えば、見えてしまうキッチンでもあります。
足元のスペースまでオープンになってしまうので、片付けをし忘れてしまった物や汚れが丸見えになってしまいます。
きちんと目隠し対策をしていない限り、日々のお手入れを怠ってはいけません。

匂いが広がりやすい
キッチン周りに壁がないということは、湯気や匂いが拡散してしまいます。
リビングと一体化しているレイアウトの場合、調理中の匂いが広がってしまうこともあります。
特に、IHクッキングヒーターだと上昇気流が弱いため、湯気や匂いが換気扇まで届かずに、キッチンの周囲に広がりやすくなっています。
窓の位置の工夫や、高性能な換気扇の設置など、換気しやすい環境作りにも気を配らなければいけません。

収納スペースが少ない
アイランドキッチンは壁面から独立している分、収納スペースをあまりないないことが難点でもあります。
使いやすくするには、背面やシンク下などの収納スペースの確保が大きな課題です。
収納を増やすために、リフォーム価格が高額になるパターンも多いです。

価格が高い
アイランドキッチンのリフォームでは、従来のキッチンよりも1.5~2倍の価格になる傾向があります。
LDK一体型のレイアウトになることが多いので、キッチン・ダイニング・リビングの総合的な意匠性が必要とされ、結果的には内装や照明などにも上質な物を選ぶことになるケースも多いです。
さらに上述のように、収納や換気性能をアップさせるために、余計にコストがかかる可能性があります。
予算が不安な方は、リフォーム会社に現地調査をしてもらうときに確認してみると良いでしょう。

アイランドキッチン設置の注意点

アイランドキッチン設置の注意点

既存のキッチンが壁付けI型やL型のキッチンのときや、マンションのようにキッチンの広さに制限がある場合などは、アイランドキッチンにリフォームする際にスペースが確保できるかを注意しなければいけません。

◇配管や換気ダクトを移動できるか

壁付けのキッチンからアイランドキッチンにリフォームする際には、配管や換気ダクトを移動可能かどうかということが重要です。
キッチンは水道管やガス管、換気設備など様々な部分と接続されています。
特にコンロを壁側から部屋の中央に移動させる場合は、既存の換気口を新しいコンロの上まで延長する工事が必要になります。
既存の換気口が壁に設置されている住宅では、外部との接続部分を移動させることはとても難しいと思っておきましょう。

◇既存の柱や壁に干渉しないか

もう一つ注意しなければいけないのは、既存の柱や壁が邪魔になって移動できないという事はないかです。
特に筋交いに接している柱や壁は、建物の強度を保つうえで大切な役割をしています。
そのため、アイランドキッチンにリフォームする際は、それらの柱や壁に干渉するかしないかを、リフォーム工事前に担当者に見てもらいましょう。
また天井の構造も事前チェックの対象になります。
換気ダクトを部屋の中央に持ってくる際にはダクトを通すことができるのか、梁が通っていないのかをしっかり確認する必要があります。

◇部屋の広さは十分に取れるか

もう一つ大切なのがアイランドキッチンにリフォームするときの部屋の広さです。
アイランドキッチンで左右にスペースを設けるので、通常のキッチンよりも広いスペースが必要です。
一般的なキッチンであれば4.5畳の広さがあれば設置可能ですが、アイランドキッチンではキッチンだけで最低6畳前後のスペースが必要です。
特にマンションでは縦長のLDKが多く、アイランドキッチンにするためには部屋を広げるなどの工夫が必要になります。
通常大人が一人通るための通路幅は90㎝、二人だと最低120㎝は必要だと言われています。
つまり240㎝幅のアイランドキッチンを設置するなら、幅が3.6m×奥行2.4m以上のスペースが欲しいということです。
また、キッチンの背面に冷蔵庫を配置する場合は、いずれ交換することも考えて冷蔵庫が通れる幅を確保しておかなければいけません。

◇小さい子供の遊び場になる危険も

小さい子供のいる家庭では、アイランドキッチンが子供の遊び場になってしまう危険もあります。
特に二人以上の小さい子供がいる場合、アイランドキッチンの周りをぐるぐる回ってかけっこする可能性は非常に高いです。
またアイランドキッチンにコンロを設けた際はさらに注意が必要です。
小さい子供はキッチンの陰に隠れて、?見えない場所で火を使っていたずらしていてもまったく気が付かないことがよくあります。
また現在使っているキッチン横の壁の汚れは、すべて床に落ちます。
そのような場所を赤ちゃんがハイハイして歩くことを考えると、かなり気を付けて掃除をしなければいけません。
また赤ちゃんやペットがキッチンに入らないようにするベビーゲートは必需品ですが、アイランドキッチンには設置しにくいというデメリットも考えなければなりません。

キッチンリフォームをするときにアイランドキッチンを選び理由は?まとめ

キッチンリフォームをするときにアイランドキッチンを選び理由は?まとめ

キッチンリフォームの費用面で一番かかり今後の対策をしっかりと行っておかないと後々後悔することになります。
そう考えるとキッチンリフォームは充分に検討して、機能面や見た目などを含めて自分に合ったキッチンなのかを判断しましょう。
そのための情報を詳しく紹介してきました。
ぜひ参考にしましょう。

【2022年10月06日 06時02分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【10月06日 06時02分現在】
ただ今、お電話すぐに対応いたします。

内装工事コラムカテゴリの最新記事