キッチリフォームは工事前の準備が大事!?

キッチリフォームは工事前の準備が大事!?

キッチンリフォームをするときに、なにも分からず業者へいきなり依頼しても、業者の話についていけないでどうすればいいのかが全く分からないという事になりかねません。
最悪業者の言いなりになって、いい値でキッチンリフォームを行う羽目になります。
そうならないためにも事前の準備をしっかりと行って、キッチンリフォームを行うときの注意点やポイントについてしっかりと勉強しておきましょう。

キッチンリフォームをする前の問題定義

キッチンリフォームをする前の問題定義

キッチンをリフォームする際は、まず現状どのような不満があるのかを確認します。
そして、新しいキッチンはどういった装備などにするかをイメージすることが大切です。
では、キッチンリフォームの手順について見ていきましょう。

◇キッチンの不満点を洗い出す

キッチンリフォームの最初の手順としては、今のキッチンの何が不満なのかを洗い出すことが大切です。
手元が暗い・家族でのコミュニケーションがとりにくい・ニオイがこもるなど、使っているキッチンに対する不満というのは家庭ごとに違いがあるでしょう。
家族みんなで話し合って不便なことを具体的に洗い出すことで、何が大切なポイントなのかを客観的に判断できます。
また、このときにおおよその予算も決めておきましょう。
キッチンリフォームをするときは、お金の上限を決めておかないと、予算をはるかに超えた良いものや高いものがどうしても欲しくなるケースが多々あります。
100万円までなどと具体的に決めることにより、リフォーム内容もより具体的に決めることができます。

◇キッチンのイメージを膨らませる

キッチンへの不満点を洗い出した後は、本やインターネットなどを利用して理想のキッチンのイメージを家族全員で共有しましょう。
公開されている施工事例などを参考にして、どのようなキッチンの種類や間取りがあるのかなどのイメージを膨らませていきましょう。

◇キッチンの間取りを決める

次にキッチンの間取りを決めていきます。
これは大規模なリフォームを行うときに、特に重要になります。
今のI型キッチンから、Ⅱ型キッチン、L型キッチンなど、今の部屋や生活スタイルにあったキッチンにできるように考えます。
デザインで選ぶのも悪くはありませんが、重要なのは現状の不満点が改善され、家族が望む間取りを決めることが大切です。

◇必要な設備を決める

次に、必要な設備を決めましょう。
今使っているガスコンロをかえてIHにするのか、食洗機を新しく導入するのかなど、キッチンにおける設備はたくさんあります。
しかし、すべて買いなおしてしまうとなると相当な金額になり予算オーバーという事になってしまうので、買い替えたい設備や、取り付けたい機能を厳選したうえで、じっくり検討しましょう。

キッチンリフォームの工事前のチェックポイント

キッチンリフォームの工事前のチェックポイント

キッチンリフォームをするときは、キッチンのデザインや素材、設備やレイアウトなど検討すべき点を、しっかりと把握しておきましょう。

◇レイアウト・動線

新しいキッチンを導入することで、レイアウトが使いにくくなってしまうことはないかを確認しましょう。
また、キッチンの動線を確認しておくことも重要です。
たとえば、冷蔵庫からシンクまでの距離は遠くないか、キッチンからダイニングに料理を運ぶ動線はスムーズなのかなど、リフォーム前に何度も確認しましょう。

◇デザイン

毎日使用するキッチンだからこそ、料理するときは自分好みのデザインで気分よくしたいものです。
好みのデザインのキッチンを選びましょう。

◇素材

キッチンは油や水がはねやすく、汚れやすいものです。
使っている素材によっては、掃除がしにくく、油汚れがなかなか落ちないと感じることも多いでしょう。
事前にショールームを訪れて、実物の素材についてショールームのスタッフに聞いてみるのもいいでしょう。

◇湿気・換気対策

キッチンは、毎日臭いや煙が発生する場所です。
キッチンの悩みとして、臭いがこもってしまったり湿気が溜まったりすることもあります。
通常、換気扇はどのキッチンにも取り付けられていますが、リフォーム次第で換気扇の位置を変更するケースもあります。
その際に、ダクトは取り付けられるのか、新しい位置への換気扇の設置はできるのかなど、空気の循環がきちんとできるかを確認しましょう。

快適なシステムキッチンのポイントと注意点

快適なシステムキッチンのポイントと注意点

快適なキッチンを作るには、2つのポイントがあります。
それは、収納を十分に確保する、疲れにくい工夫をするという2つです。
これらが具体的にどういうことなのかを見ていきましょう。

◇収納を十分に確保する

快適なキッチンの条件の一つとして、収納がたくさんあるということが一番です。
たとえば、皿を収納できる場所がキッチンにあるかないかでは、動線の動きもだいぶ変わってきます。
皿をすぐに出し入れできるキッチンでは、調理した後にすぐ配膳できますが、それがない場合は、いちいち食器棚まで皿を取りに行かなければいけません。
ただ、キッチンに収納場所を増やすのは、動線上邪魔になることも多々あります。
まずは、調理器具や食器の量を把握して、収納場所を決めることが大切です。
リフォームを機に使っていない食器などを処分することで、余裕のある収納スペースを作ることもできるでしょう。
また、システムキッチンのように、一体型のほうがスペースを有効に使えます。
収納を1カ所にまとめることで、使うときに取り出しやすく見た目もすっきりします。

◇疲れにくい工夫をする

そして、キッチンには疲れにくい工夫をすることも重要です。
キッチンは長時間立ったまま作業する場所のため、できるだけ身体への負担を減らす工夫があると作業効率が全然違います。
たとえば、床をクッションフロアにすることで、長時間立っていても足が疲れにくくなります。
また、軽く腰掛けられるスペースがあれば、長時間キッチンに立つ時でも、足腰の疲れを軽減できます。

◇注意点1:場所の移動

大規模なキッチンリフォームだと、既存のキッチンを取り外し、完全に別の場所に新しいものを設置するといった大掛かりな工事になることもあります。
こうした水まわりに関する移動作業は、場合によっては制限されることもあります。
ただし、一戸建ての場合は、基本的に自由にリフォームできることが多いです。
しかし、マンションなどの集合住宅の場合、配管等は規約で制限されていることが多く、移動範囲が限られることもあります。
たとえば、昔ながらの壁付けキッチンからアイランドキッチンに変更しようとすると、配管ごと取り換えなければいけなくなります。
そうなると、壁の一部を壊したり、床を上げたり、下の階にまで振動が伝わるような工事をしたりと、マンションの他の住民に迷惑をかけてしまう恐れもあるでしょう。
集合住宅でキッチンリフォームをするときは、必ず大家や管理会社、管理組合に確認をしなければいけません。

◇注意点2:電気契約

また、キッチンリフォームでは電気契約に関しても注意が必要になります。
キッチンスペースは、家電で多くの電力を消費します。
リフォームしてこれまで以上の電化製品を使う場合、既存のアンペアでは許容量をオーバーして、ブレーカーが頻繁に落ちてしまう恐れもあります。
コンセントの数や位置も同時に見直さなければいけなくなります。
また、間接照明を多く配置すると、同時に使える電力が限られる可能性が出てきます。
リフォームで食洗機や新しい家電を導入する場合は、電気契約にどのくらい影響があるのかを事前に確認しておきましょう。

システムキッチンリフォームにかかる費用の目安

システムキッチンリフォームにかかる費用の目安

システムキッチンのリフォームの相場はどのくらいなのか想像できますか?相場を知っておかないといくらお金を準備すればいいのかがわかりません。
ここでは、システムキッチンのリフォームにはどのくらいの費用がかかるのか紹介していきます。
これからキッチンリフォームをやろうと考えていて予算を検討する際の参考にして下さい。

◇50~150万円程度

この金額は、システムキッチンを同じ位置、同じサイズでリフォームした場合に必要となる金額です。
この場合、床や壁を貼り替えることもなく、給排水やガス管の移動工事も行なわなくて済むので、リフォーム費用の大半はシステムキッチン本体と設置工事の価格となります。
キッチンリフォームを検討する場合、設備の老朽化や性能の低下を改善させることが大きな目的としていることが多く、システムキッチン入れ替えメインのリフォームを行うことが多いようです。

◇システムキッチンの入れ替えだけなら安く済む?

システムキッチンの入れ替えだけを希望していても、それだけでは済まないケースもあります。
紹介したように、キッチンで隠れている床や壁は仕上げ工事がされていません。
新しいキッチンを取り付けたときに、仕上げがされていない部分が見えることがあります。
建築用語ではこのことを「恥をかく」と言います。
見えてはいけないものが見えてしまっている状態になってしまいます。
仕上げがされていないところが見えてしまうと、その部分だけに床仕上げ材や壁仕上げ材を継ぎ足すことが難しくなります。
継ぎ足したとしても見栄えがあまりよくありません。
そのような対応としては、施工性と見栄えを考えたエリアの床仕上げ材や壁仕上げ材を剥がしてから、新しく貼り替え作業を行います。
このように、システムキッチンだけを入れ替えようと考えていても、他に影響が及んでしまい、機器の入れ替えリフォームだけでは済まないこともあります。

◇費用が高くなるリフォームとは

システムキッチンのリフォーム費用が高くなるケースは、キッチンの形状を変えたり、キッチンを移動させるときです。
キッチンには給排水、ガス、電気の設備が接続されています。
そのため、今あるキッチンから移動させて今までの設備が接続できなくなる場合は、新たに給排水などの設備を工事して接続しなければいけません。
キッチンの入れ替えだけの場合は、キッチン取り付けの職人だけでリフォームできますが、設備の工事が絡んでくると、給排水、電気、ガスとそれぞれの専門職人が必要になってくるので人件費がわり高くなります。
また、システムキッチン本体の価格も、アイランド型は、L型はI型キッチンに比べると高くなる傾向にあります。
更に、性能にこだわって標準仕様より性能を上げると価格が上がります。

キッチリフォームは工事前の準備が大事!?まとめ

キッチリフォームは工事前の準備が大事!?まとめ

キッチンリフォームを行うときに、いきなり業者へ依頼するのではなく、事前の準備をしておく必要性について説明してきました。
その時に注意しなければいけない点やポイントについても説明してきました。
できるだけ希望に沿ったシステムキッチンの設置などを行いたいのであれば、こちらで紹介している情報をしっかりと把握しておきましょう。

【2022年10月06日 05時38分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【10月06日 05時38分現在】
ただ今、お電話すぐに対応いたします。

内装工事コラムカテゴリの最新記事