キッチンリフォームを依頼するには全国展開している業者がいいの!?

キッチンリフォームを依頼するには全国展開している業者がいいの!?

キッチンリフォームをするときにいくつかポイントがあります。
そして、リフォーム時の注意点もあります。
それぞれをしっかりと理解してから業者へ依頼しなければ満足のいくキッチンリフォームはできません。
いろいろな事前準備を行ってから、最終的に業者を選んで依頼するわけですが、ここでもどこの業者へ依頼するかによってキッチンリフォームの出来栄えが大きく変わってきます。
依頼する業者にはいろいろな形態があります。
地域密着型、全国展開している工務店など様々な分野のリフォーム会社があります。
どのようなリフォームをするときにどのような形態の業者へ依頼したらいいのかを詳しく見てみましょう。

キッチンリフォームのポイント

キッチンリフォームのポイント

キッチン・台所に最新の設備を設置しても、使い勝手が悪いようでしたら、リフォームの意味がありません。
そんな事態を避けるために、キッチン・台所をリフォームするときのポイントを紹介します。
まずは、家族や生活スタイルに合わせたタイプを決めます。
次の3パターンが代表的です。

◇クローズドタイプ

クローズドタイプは、キッチンスペースが1室の独立したタイプです。
メリットとしてはキッチン・台所の中が外から見えず、調理中の煙や匂いがダイニングやリビングに広がりにくいということがあります。

◇オープンタイプ

オープンタイプは、ダイニングやリビングの一角の壁にキッチンが設置されているタイプです。
メリットとしては、キッチンに居ても、家族や来客者と同じ空間でコミュニケーションをとることができます。
また、セミオープンタイプやクローズドタイプに比べて、スペースをあまり取らずに設置できるのも魅力です。
ただキッチンは丸見えになるので、来客時などに気になる人もいるかもしれません。

◇セミオープンタイプ

ダイニングやリビングを、吊り戸棚とシステムキッチンまたはカウンターなどで仕切る、対面式のタイプをセミオープンキッチンと言います。
ダイニングやリビング側の面を、収納や飾り棚・カウンターとして活用できます。
みんなと同じ空間を共有できるので、家族とコミュニケーションが取れて、来客者にキッチン周りを見られないというメリットがあります。

キッチンリフォームのレイアウトを決める

キッチンリフォームのレイアウトを決める

スタイルが決まったら、動線と部屋の広さに合わせてレイアウトを決めましょう。
次の代表的なレイアウトに次の5パターンがあります。

◇I型

I型は、シンクとコンロが一列に並ぶ、最も一般的なレイアウトです。
省スペースのため、狭い場所へ設置することができます。
ほとんど無駄なスペースがなく、左右に動くだけで作業できるだけではなく、比較的安い費用で設置できるのが魅力です。
間口は250~300cmというのが主流です。
300cm幅を超えると、作業中に動く範囲が長くなるためあまりお勧めしません。

◇II型

Ⅱ型は、壁側と反対側の両方に平行に設置するレイアウトです。
調理スペースを広く取れて、左右の動き・回転動作で作業できるので、調理の効率は高まります。
デメリットもあり、2列の作業台の間を行き来するため、I型のキッチンと比べると、床に物をこぼしやすいという点が挙げられます。
配膳や収納のスペースが壁側にたっぷり取れますが、間のスペースが狭いとかえって使いにくくなる恐れもあるので気を付けましょう。
2列の作業台の間隔は、90~120cm程度は最低必要になります。

◇L型

L型は、壁を2面使い、L字型に配置したレイアウトです。
移動するのに短い距離で済むので、効率的に調理できます。
ただし壁を2面使用する以上、設置時に広い空間が必要です。
またL字の角部分での作業はしにくく、スペースを有効活用できないケースもあります。
実際に使い勝手を確かめたり、平行な部分での作業スペースを広く取ったりする工夫をしましょう。

◇U型

U型は、キッチンをL字型に配置し、さらに作業台も追加した場合のレイアウトになります。
広いワークトップを確保できるため効率が良くなりますが、広い部屋のスペースと、2か所にあるコーナー部の収納に工夫が必要です。
インテリア性の高い配置が可能なので、こだわりのあるシステムキッチンにしたい方にはぴったりのキッチンです。

◇アイランド型

キッチンがその名の通り島(アイランド)になっていて、家族や友人達とキッチンを囲んでみんな一緒に料理が楽しめます。
高級感がありますが、周囲に大きなスペースが必要なため、広いスペースを確保しなければなりません。
なお島にあたる部分にはシンクを設置するプランが多くなりますが、作業台としても使用できます。

地域密着型から全国展開のキッチンリフォーム会社形式

地域密着型から全国展開のキッチンリフォーム会社形式

キッチンリフォームは、リフォーム専門店やハウスメーカーなど様々な会社に依頼できますが、会社によってリフォームの得意分野は変わります。

◇全国展開の大手リフォーム会社の得意分野

大手リフォーム会社とは全国規模で支店を展開しながら、住宅リフォームを専門に行う会社です。
大手リフォーム会社は、住宅内のさまざまなリフォームを行った経験が豊富なため、キッチンだけなどの部分リフォームだけではなく、住宅全体の大規模なリフォームも得意です。
また、強みとしては室内、水回り、エクステリアといったあらゆるリフォームを依頼できるという点でしょう。
キッチンのみの交換で終わらず、室内のフローリングやクロスなどと合わせたトータルコーディネートの提案をしてもらえるでしょう。
しかし施工のために下請け業者のスタッフを使うことも多くなり、下請け業者によって工事品質に差が生じることもあります。

◇全国展開の住宅メーカー系リフォーム会社の得意分野

住宅メーカー系リフォーム会社とは、ハウスメーカーなど新築工事も手がける傍ら、自社が建てた住宅のメンテナンスとしてリフォーム事業も行っている会社のことになります。
住宅系メーカー系リフォーム会社の得意分野はやはり自社で施工した住宅のリフォームでしょう。
キッチンを含めた大規模な改装には建物構造を熟知している建設会社を用いることで余分なリスクとコストを低減することができます。
しかし、大手リフォーム会社と違って選べるキッチンメーカーが限られていることが多く、希望するキッチン商品を選べるかどうかを打ち合わせ時に確認しておきましょう。
大手リフォーム会社と同様に、現場で実際に工事を行うスタッフが会社に在籍していない所も多く、工事の品質は現場に来た下請け業者に委ねられます。

◇地域別の電気会社やガス会社の得意分野

電力会社やガス会社の中にも、リフォームを行ってくれる所があります。
このような会社は電気やガスを使用するキッチンリフォームや床暖房設備や給湯器などの交換リフォームが得意分野であることが多いでしょう。
キッチンリフォームでは、キッチンの解体や組み立ての他にも電気工事やガス工事が必要になりますが、リフォーム会社によっては、電気工事やガス工事が行える別の専門業者に外注するために別途費用が発生することがあります。
しかし、電気会社やガス会社のリフォーム部門であれば有資格者が在籍しているので、下請け業者を介さずとも施工でき、床暖房や給湯器といった電気やガスに関する他の設備との兼ね合いも考慮してプランニングを考えてもらえます。

◇全国展開の住宅設備メーカーの得意分野

キッチンや風呂などの住宅設備を製造・販売しているメーカーには、全国規模でリフォーム事業を行っているところもあります。
このようなリフォーム会社の得意分野はシステムキッチンの交換など、自社製品の設備交換リフォームであることが多いでしょう。
また自社の各設備を熟知しているので、それぞれの住宅に合った最適な設備を提案してくれたり、余分なマージンがかからないので比較的安く設備を導入できる可能性もあります。
メーカーによって主力商品が異なるので、キッチンリフォームではキッチンに定評のあるメーカーを選ぶようにしましょう。
ただし、キッチンの取り付け自体はメーカー指定の下請け業者が行います。

◇地域密着型の設計事務所や建築士事務所の得意分野

設計事務所や建築士事務所のリフォームは、家の構造を知り尽くしている建築士がプランニングを行うので、特殊な形や構造をしている家のリフォームや、オリジナルのデザイン性の高いリフォームなどが得意でしょう。
選んだキッチンが構情取り付けできなかった・キッチン交換後に他の場所で不具合が起きたというようなトラブルを回避できる可能性が高いです。
しかし、デザインを重視する場合は、その分設計コストも必要であることは念頭に入れて下さい。

キッチンリフォームの費用相場

キッチンリフォームの費用相場

一戸建てでもマンションでも、キッチンのリフォームの際には費用はいくら?・工事期間・日数はどの位?といった不安があります。
また築何年位でリフォームしている家が多いの?という疑問がある人もいるでしょう。
費用相場としては50万円から250万円以上と幅広い価格があります。

◇実際に実施されているキッチンリフォームの費用相場

キッチンリフォームには50万円未満から250万円以上と幅広い費用でのキッチンリフォームがされています。
それぞれの価格別導入率を見てみましょう。
データは2019年9月の統計データです。
50万円未満は13%、50万円から99万円までは34%、100万円から149万円は23%、150万円から199万円は12%、200万円から249万円は7%、250万円いじょうが10%となっています。

キッチンリフォームを依頼するには全国展開している業者がいいの!?まとめ

キッチンリフォームを依頼するには全国展開している業者がいいの!?まとめ

キッチンリフォームをするときに事前の準備が必要であるという事を紹介してきました。
その上に自分の今から行うリフォームに遭った形態のリフォーム会社を選択するためのポイントを詳しく紹介してきました。
ここで紹介してきました内容をしっかりと把握すると、業者選びで失敗する確率が少なくなるので、ぜひ参考にしてください。

【2022年10月06日 07時21分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【10月06日 07時21分現在】
ただ今、お電話すぐに対応いたします。

内装工事コラムカテゴリの最新記事